デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

裏風俗には二種類あります~風俗裏側~

風俗には裏風俗と呼ばれる、

  1. お店側が堂々と本番を売りにしているお店で、違法チラシをまいているお店が多いです。(余談・・・出会いカフェも実質本番風俗の様なものです。)
  2. 暗黙の了解で本番を黙認しているお店(届け出をしているお店にも多いです。)

があります。

どちらも風営法の違反になるのですが、
お店はなくならないのが現状です。

マンションに投かんされる小さなチラシ(フライヤー)の多さが、
裏風俗の多さを表しているのも現状です。

1のお店側が堂々と本番を売りにしているお店とは、
マンションに違法にチラシを入れてくるお店が多いのですが、
その

チラシに「挿入の写真」が使われているお店が多いです

挿入の写真を載せているお店はかなり多く、
まず、
マンションにチラシを入れていくるお店はいわゆる本番店(基盤店)であり、挿入の写真を載せているお店がほとんどで、
当然のことながら違法店でもあります。
※美人局(つつもたせ)の可能性もありますので、利用しないことです!
※病気を移されることや料金トラブルのリスクも高く、利用することは避けましょう。

また、料金体系もほとんどが、100分位のコースで10,000円前後の設定が多いですが、

裏風俗ではあるものの、本番については別途オプション料金を設定しているお店も多い

かと思います。

そして、
電話受け付けの段階で「本番アリですか!?」といった質問をしてみると、
「ゴムを付けた大人のお遊びです」等と、
実質的に「本番はアリです」といった答えをしてきます。

そして、2の

暗黙の了解で、本番を黙認しているお店

は、
風営法に基づき届け出をしているお店ですが、
お店のオーナーも、
風俗業界の厳しい現状を踏まえながら、
女の子に対して「本番をすることは、止めないけれど自己責任で!」といった無責任な指導をしているお店になります。
潰れる前のお店がほとんどです。潰れる前にあがいている状態と言えます。

このタイプのお店は、
多く存在し、
風俗業界の隠語で「基盤店」「盤店」等と呼ばれています。
※電話の段階で本番ありかどうかは教えてくれないケースがほとんどです。

これも言うまでもなく違法店になりますが、
こういったお店が多いことも風俗業界の現状であり、
本番を求める風俗ユーザーが実に多い現状を表している状況でもあります!

裏風俗の特徴は、マンションに投げ込みチラシを入れてくることで、そのチラシには挿入の写真が含まれているケースが多いです。

裏風俗の特徴は、マンションに投げ込みチラシを入れてくることで、そのチラシには挿入の写真が含まれているケースが多いです。

安全に風俗ライフを楽しむには、
しっかりとした風俗情報を得てから遊ぶことを心がけましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。