デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

夜の世界でホステスやホストがお客さんに「伝える」為にしている演出など。

突然ですが・・・

「人は見た目が9割」、「伝え方が9割」といった本が、馬鹿売れといった状態になっています(よね)。

多くの書店で平積みされているものを見かける人も多いのではないでしょうか!?

また、この手の本が売れる状況が続いていることが表すものとは、
時代背景にも大きく起因しているのではないでしょうか( ゚д゚ )

  • 景気に対する不安であったり、
  • 何歳になっても勉強を続けたり、または、仕事の技術を磨き続けることが求められる時代(風潮)

になっている、とも言えるのではないでしょうか。

あらゆるシーンにおける「伝える」という全ての言動は、社会生活におけるビジネスの基本でもあり、

上手に出来る人は、能力のある人以上に上手に立ち回っていることだと思います。

また、夜の世界での「伝える」方法の難易度はとても高いとも言えます。

それは、
夜の世界で働く人は、自分自身が商品になり、
身に付けるものを含めて自費で管理、出し方を考える必要がある為でもあります。

だからこそ、一騎当千の世界でもあります(・∀・)

では、本題に入ると、

「伝える」という言動の目的は、相手から何かを引き出す為であり、

夜の世界で言えば、お客さんの金銭感覚を「お酒の力」「場の雰囲気」「色恋」「セックスOKを臭わせる」等の演出を使って麻痺をさせ、多額のお金を支払わせること

で(も)あります。↑これらの演出とは、この記事のタイトルの答えでもありますが、

それらは、言葉ではない伝え方でもあります。(非言語コミュニケーションと言うやつですかね)

つまりは、水商売の本質はお客さんをホレさせて、
型にハメてお金を出させる、またはお金を出したくなるように調教するということでもあります。

ホステスさんからモテているのでは!?と思っている男性には酷な現実でもありますが、ほとんどのホステスさんには彼氏が居ます(+_+)

ホステスというお仕事の演出上、それは絶対にお客さんには言ってはいけないことになっています。(例外は・・・無いでしょう。)

夜の飲み屋さんは、疑似恋愛を提供する場だからです。

しかし、
意外もに高学歴、高収入なとても多くの男性がコロっと型にハメられています。

当然お金があるから、ラウンジやクラブといった高級なお店に通いながらホステスさんとの疑似恋愛を楽しんでいるケースも多いと思いますが、
長い期間(例えば5年以上であっても)に渡って疑似恋愛だとは気付かずに、幻想の世界にい続ける人は多くいます。

どれだけ長い期間通いながら、お金を落とし続けても、
身体の関係は一切なし、というケースがほぼ全てでもあります。(ただし、枕営業を選ぶホステスも中には居ます。)

しかし、

現実(裏側)は、

  • 店内での接客
  • 店外デート(同伴やアフターも含みます)

を終えたホステスさんは極めて冷静で、
次はどの様なネタ(演出)でお金を引き出そうか、と考えることを繰り返します。(それが仕事だからです。)

・・・・ここまで書いたら、これ以上は良いですね 汗

あまりのめりこまないことです。

水商売のお店に行った後に風俗で締めるのもアリです。

ホステスの女の子達も、仕事終わりにホストクラブに通う子も多いくらいですから( ゚д゚ )

また、
最近のホステスさんは風俗嬢を掛け持ちしている子も多くいます。水商売は衰退していますからね( ゚д゚ )

夜の世界でホステスやホストがお客さんに「伝える」とは!?

夜の世界でホステスやホストがお客さんに「伝える」とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする