デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

風テラスとは!?~風俗嬢向けの法律や生活の相談会とのこと・・・~

風俗で働く女性に対して、法律的な相談や生活面でのアドバイスを行う機会として「風テラス」と称して、
実際に弁護士や社会福祉士の方が風俗店の待機場へ出向いて、風俗嬢に対して公的支援として、無料で相談に乗る試みが2年前から行われているみたいです。

何度か記事にしてきたことでもあるのですが、
風俗店がお店を運営、継続していく上で最も大切なことになることは、女の子の確保になります。

従って、
生活改善等のアドバイスを行う人を風俗の事務所に迎え入れることは、
女の子を手放してしまうきっかけになることもあり得る為、
業界的には考えられないことなのですが、
当然お店側にも思惑というものがないと、この様なことを行うことはないです。

再度、
お店側が営業を続けていくにあたって

女の子を確保しておくことは、お店の商品を在庫切れにしない

ことになります。
風テラスから派遣されてきた弁護士や社会福祉士らのアドバイスにより、
お店を離れてしまう女性が出てくるリスクがあることを承知の上で風俗店は、
風テラスを受け入れているものと言えます。

しかし、
風俗嬢が社会復帰をしても実際には風俗店に出戻りになってしまうケースは珍しくなく、
また、風俗で働いている女性は、
とても人気があり、対人能力がとても高い子であっても、
規則正しい生活を送ることが困難な精神状態である子が多いのもこの業界の現実です。
※風俗店の出勤シフトや出勤時間の決定権は、よほどのことが無い限り、
女の子にあるので、
規則正しい生活を送ることが困難な女性も、風俗だけでは働くことが出来るケースもあります。(ちなみに風俗業界では、女の子は予約が入っていない日については、出勤のドタキャンをしても、ひどく怒るお店もあまりありません。)

そして、

風テラスを導入しているお店側のスタンスとは

  • 女の子の社会復帰のサポートをしているという姿勢を見せることが出来る
  • 女性に対し、親身な姿勢のお店であることを見せることが出来る

等、女の子の側に立っているお店であることを伝えるスタンスを取っていると言えます。

しかし、
風俗店側は、風俗で働く女性は風俗のお仕事を一時的な仕事として働いていることを十分に把握をしています。

そのため、何としてでも、
女の子に対して予想外な手段を含めて、
色々な手を使って女の子を自分のお店に留める工夫をしているのですが、
風テラスは風俗店側にとってもとても役に立つことにもなるとも言えます。

風テラスの相談員との面会がきっかけで、
一度お店を辞めてしまってったとしても、
一度社会に出て、普通のお仕事では通用しないと判断をして出戻りをしてくる子が多くいることも風俗店側は計算していることでしょう。
(逆に計算をしていないお店は無いとも考えられます。)

ただでさえ出戻りをする子がとても多い風俗業界でになるので、
お店に定着してもらうには、社会の現実を一度知ってもらって、
再び風俗店に定着してくれることを意図しているお店も多いと言えるでしょう。

※最後に、
風テラスの弁護士も、お仕事で行っていることになるので、
実際に風俗嬢から債務整理や離婚調停などの依頼を受ける(仕事を取りにいく)ことも当然のこととして行っていることになると思われます。

風テラスといって、風俗で働く女性に対し法律相談や生活相談を行う機関を風俗店が受け入れているケースもあります。

風テラスといって、風俗で働く女性に対し法律相談や生活相談を行う機関を風俗店が受け入れているケースも出始めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする