デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

水商売のお店の経営が厳しくなっているのは「抜き」が無い、ということはとても大きいかと・・・

ここ数年で水商売のお店の経営は厳しい一途を辿り、
多くのお店が潰れている状況にあります。

また、水商売のお店はグループ店を持つ大きな規模のお店を除いては、

明朗会計ではないお店が多くある

ことが現状です。
日本中のあらゆる繁華街にて料金トラブル(ボッタクリのことです。)は毎晩起きており、
それぞれの街の各繁華街にある交番からは、毎晩警察官が出動しています。

実際に警察官の方からお話を聞くと、

「料金トラブル」で通報が無い日は無い

とのことです。
毎晩、どこかのお店を利用したお客さんからの通報はたくさん掛ってきており、どこかに出動をしているみたいです。

それだけ水商売の世界での料金トラブルは常態化しており、
更には、風俗業界の低価格化や出会い系サイトの台頭により、
「抜きサービス」の無い水商売は苦境に立たされている現状でもあります。

その様な現状もあることから、低価格で楽しめる「ガールズバー」が普及しているとも言えるでしょう。

水商売のお店の高級店である「ラウンジ」や「クラブ」では、
3時間にも満たない時間の接客で、ボトルの注文によっては、10万円を超える料金になることも少なくない水商売のお店は、
言わば、お客さんを生殺しにしてしまいます。

そして、料金的にも

一回飲みに行っただけで、風俗店に何度か行けてしまうケースも多い

ので、水商売のお店の苦戦はどこまでも続くのかと考えられます。

では、まとめ。。
キャバクラやスナック、ラウンジ等のお店が、

  • 性欲を高めてしまうだけの結果になってしまうことも多いことと、
  • 激安風俗店が多くなっている現状

では、水商売の業界がますます厳しい状況に置かれてしまうものと予想されます。

厳しい水商売の業界なので、
ホステスの人達も普通に風俗で働く時代でもあります。
風俗店でホステスさんを見つけるヒントの記事も参考にしてみて下さい。

水商売の業界が厳しいのは、抜きが無いから!激安風俗店や出会い系の脅威は水商売業気にも波及をしている。

水商売の業界が厳しいのは、抜きが無いから!激安風俗店や出会い系の脅威は水商売業気にも波及をしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。