デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

風俗裏側~風俗店が女の子の給料を維持する為にしている色々なこと~

風俗店でもデリヘル店でも、
一番恐れていることは、女の子の人数が少なくなることです。
そして、あらゆる風俗店が最も力を入れていることは、

になります。

そのどちらが欠けても、風俗店の経営というのはあっという間に悲惨な状況に陥ります。

今回は、後者の「女の子を辞めさせない様にする為に風俗店がしていること」を取り上げてみたいのですが、

風俗店は、セクキャバや出会いカフェを営業したりしています

特に夜の繁華街を、
昼間に歩いてみると、人通りが少なく思わぬ場所に

  • 昼から営業しているセクキャバ
  • 出会いカフェ

を発見したことはないでしょうか!?

それらは、風俗店が経営しているケースが多く、
お店がある場所と同じビル、または近くにデリヘルの待機場があるパターンも多くあります。

それらは女の子に対して、
「出勤をしたけれど、一回も接客をしなかった」という、いわゆる「ボウズ」を避ける目的でお店が、
それらのお店を開いているケースが多いです。

それだけ風俗店というのは、

出勤をしてきた女の子に対して「ボウズ」を出さない様にすることに必死になっています

逆に、そのことに対して、

  • 過剰なくらい敏感になり
  • 工夫をしながら必死になっている

風俗店のみが生き残っているのが今の風俗業界になります。

それらが出来ていないと、
すぐにお店の経営は悪化し潰れてしまうほど、今の風俗業界が厳しい世界になっているということが言えます。

デリヘル情報サイトから色々なお店を覗きながら、イベント戦略等、
お店がどのような工夫をしているのかも見てみましょう!

人通りが全くと言って良い程無い通りに、昼から営業しているセクキャバや出会いカフェがあれば、それは風俗店が経営しているケースが多くあります。

人通りが全くと言って良い程無い通りに、昼から営業しているセクキャバや出会いカフェがあれば、それは風俗店が経営しているケースが多くあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。