デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

風俗の裏側~水商売業界の苦戦~

風俗店は無店舗型が主流になっていますが、
それと同時に、風俗のお店の業種も多岐に渡っています。

挙げれば、たくさんあるのですが、
どれもユーザーの経済状況に合わせて、サービス料金も異なってきます。

オナクラや性感マッサージは、低料金で遊ぶことが可能であり、
ソープランドはそれなりに料金がかかってきます。

風俗ユーザーに対する選択肢が多くなっている

ということが言えます。
一昔前までは携帯やスマホが無く店舗型の風俗が主流で、料金も今ほど低価格化しておらず、
夜の街で遊ぶとなると、

水商売のお店に行き、ホステスさんを口説いてセックスに持ち込む

ということをしていた男性も多いかと思います。
しかし、セックスに持ち込む(ホステスさんからしてみたら枕営業というっうことになります。)までには、

  • お店に行く回数
  • お店に落とすお金

等、いわゆる「太い客」にならないと、ホステスの女の子も枕営業には対応しないという現実もあり、
実質、水商売のホステスさんとセックスをするには相当なお金がかかっていました。

しかし、
今は、風俗業界が大きく拡大し、
上記に挙げた風俗の業種が低価格で水商売のお店(ラウンジ、クラブ、スナック、キャバクラ・・・等)のライバルになっています。

何せ、
飲みに行く一回分以下の料金で抜きが出来るお店が多いからです。

水商売のお店は苦戦をしているので、ガールズバーやコスプレショーなどで工夫をしている

という現状もあります。
そこまでしないと、風俗のお店には勝てないということもあり、
プライドが高くコスプレなど、なんでもこなすホステスさんは、昔に比べたら少なくなっているのではないでしょうかね?
それだけ、水商売が風俗業界に対して苦戦をしているという現状もあります。

水商売のお店も、ショーなどのの工夫をしないと風俗業界に負けてしまう現状になっています。

水商売のお店も、ショーなどのの工夫をしないと風俗業界に負けてしまう現状になっています。

低価格で抜きサービスを提供している風俗店(オナクラ等)がとても多くなっている現状では、水商売のお店が苦戦してしまうことも当然と言える現象でしょう!

低価格で抜きのサービスを受けたい場合は、
風俗情報サイトでお店を一覧してみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。