デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介
×
カテゴリー

デリヘル情報~風俗の裏側「オーナーが代わることも珍しくない業界」~

デリヘルの基本情報になるくらい、
風俗業界では

お店のオーナーが代わることは珍しくない

状況にあります。
一般企業で言うところの「企業売買」に当たることになり、
また「資本が近親者に移動」することもたまにありますが、
その背景には風俗業界自体が不況状態にあることを表しています。

お店のオーナーが代わるということは、
オーナー自身が持つ

風俗店が戦略的に行き詰り経営を諦めてしまうケースが多く

売却をしようとしているお店は100%近く(ほぼ100%)が儲かっていないお店になります。
一般社会と同じく

経営が上手くいっている企業が自社を売却をすることが無い

ことと同じく、
利益を上げている風俗店がお店を売るということは無いです!

風俗店のオーナーは、
自分のお店の経営を諦める場合に、
高額な金額提示で、知り合いやお店の従業員、お店の女の子に対して、
「自分のお店を買わないか」という話を持ちかけることも多いのが、
風俗業界であります。

お店のオーナーが他人に自分のお店を売る際の提示額は、
少なくても100万円、多い場合は300万円以上のケースがあります。

しかも、それは儲かっていないお店を売る金額になるので、
一種の詐欺に近いものと言っても良いかもしれません。

しかし、その様な売却の話が乱れ飛んでいる業界でもあります。

また、多くの風俗店が

  • 店名を変えたり(みかじめ料を拒否する為のケース ※また特集をします。)
  • すぐに潰れたり(売却に失敗しているケース)

している状況も、
風俗店のオーナーはすぐに経営に行き詰っていることを表している分かりやすい事柄とも言えるでしょう!

風俗業界では多くのオーナーが、経営に行き詰っている自分のお店を他人に高額で売りたがっている、
または実際に売っているという状況があることも、この業界であったりします。

色々なお店を紹介している風俗情報のサイトを参考に、
お店が打ち出しているイベント等も参考に、
そのお店の経営状況を推察してみることも面白いでしょう!

風俗店のオーナーは、自分のお店が経営に行き詰ると店の女の子や知り合いに、お店を売却を持ちかけることも珍しくありません

風俗店のオーナーは、自分のお店が経営に行き詰ると店の女の子や知り合いに、お店を売却を持ちかけることも珍しくありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。