デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

個人売春は時代と共に、それを成立させる手段が変わっているだけ。永遠に続いてしまうでしょう。

個人売春とは、文字通り「女性が男性に個人的にお金をもらいながら売春をすること」になりますが、
その手段は時代が経つにつれて、選択肢も増えながら、
それらの中でより便利なもののみが、残っている(く)と言えます。

一昔前であれば、テレクラ、ダイヤルQ2、等が流行し、

女子高生や女子中学生による援助交際が社会問題になりました。
それらの生々しい無修正の動画も、インターネット上に出回ることもあったりしました。(←これは今でも続いている大きな問題です。一度ネット上に出回ってしまえば永遠に回収不可能になります。)

今では、

等が、主流になっています。

それらのどれもが個人売春を求めた男女が集まる場になっており、
一昔前と違うことは、利用をするにあたって上記の全てのサービスにて身分証が必要であり、
18歳未満は利用できなくなっているということです。
※「出会い系サイト規制法」という法律もあります。

時代は変われど、買春をしたい男性と、売春をする女性に提供する場は確保されている

ということになります。
つまり、需要が常に保たれているということです。

本番サービスの無い風俗における円盤(お金を払って)も個人売春になります。

デリヘルやホテヘルもコッソリと円盤をしている女の子は個人売春婦になってしまいます( ̄Д ̄;;

それを考えたら、個人売春を求める男性にとっては、
それをしている女の子を探すにあたって、その方法や場所は、とても広範囲になっていることが現状でもあります。

また、
ソープランド遊郭も厳密には売春防止法に触れてしまうサービスを提供している場ではありますが、
グレーゾーンとして取り締まりの対象にはなっていない現状になります。
※取り締まる側も、取り締まる機会を失ない、
グレーゾーンとして放置をしてしまうと、取り締り自体をしなくなるのが、日本の司法のおかしな部分でもあります。

ソープランドが多くある地域は、

等になりますが、それらの地域は風俗店も多くある地域になります。
やはり本番サービスを提供している風俗店は、他の風俗の業種にも影響を与えるのでしょうかね。

個人売春は時代と共に手段は変われど、これからもしぶとく生き残っていくでしょう。

個人売春は時代と共に手段は変われど、これからもしぶとく生き残っていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。