デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

身体を売ってお金を稼がないといけない状況にある女の子達に、様々な選択肢がある時代

身体を売って、多くのお金を稼がないといけない状況に置かれている(置かれてしまった)女性の選択肢は、
以前であれば、

  • ソープランド
  • 本番の無い店舗型風俗(ファッションヘルスやピンサロ)

が主流でした。

今では、PCや携帯(スマホ)の普及に伴い、
女性と性的に遊ぶにあたってもその情報を簡単に、

そして多くの選択肢の中から手軽に選べる時代になり、

働く場を提供する側(風俗業者)にも、選ばれる工夫が求められる時代になっています。

上記に挙げた業種以外にも、

  1. 服を脱がなくても良いソフトサービスの風俗(オナクラや手コキ)
  2. 出会いカフェ(売春の交渉の場になっています。)
  3. 出会い系サイト(これも実質的には売春斡旋サイトになっているのが現状です)

等と、
風俗店のライバルは多岐に渡っており、
特に、2、3については、本番を伴う性交渉を目的としたサービスを提供しているのが実状になっています。

風俗店は「女の子に入店してもらうこと」に、とても厳しい時代を迎えています。

風俗に限らず商業的なあらゆる業種では、

  • その業種の存亡を左右してしまう強い相手が現れることと、
  • それに対しての対策が必要になる時を迎えますが、

その時とはその業種の大きな変革期になり、
風俗業界は今がまさにその時期であるとも言えるでしょう!

身体を売る状況におかれた女性にも選択肢が多い時代。風俗店は様々な工夫が必要になっていると言えるでしょう。

身体を売る状況におかれた女性にも選択肢が多い時代。女性キャストの維持が最も重要事項である風俗店は、様々な工夫が必要になっていると言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。