デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介
×
カテゴリー

次世代型風俗は既に大きく動いている現状~出会い系サイト、出会い系バー等は実質的に「風俗2.0」~

風俗業界の大きなライバルとして、

等は、急激な普及と利用人口が拡大しています。

それらはネット(特にスマホ)が無ければ、ここまでの普及は果たせなかったことでしょう。

風俗と一番違うところは、本番交渉が出来ることや値段も両者間で決めることが出来る

ということになるでしょう。

当然、上記に挙げた3つは風俗ではありませんが、

  • 女性が身体を売る温床になっている現状、
  • 女性が身体を売る際に、自らサービス料金や可能なサービス内容を発信しながら、買い手と個人間での交渉が出来ている現状(双方向型サービスの実現)
  • 女性が身体を売るにあたって、売る相手を写真やメールのやり取りを通じて選べる様になっている現状(これも双方向にて、情報のやり取りが出来ている現実でもあります。)
  • セフレを求める男女が出会いの場として利用出来ている現状

を考えたら、
「出会い系サイト」「出会いカフェやバー」実質的には次世代型の風俗として、特に若い人を中心に、
風俗ユーザーや射精を求める人の需要を満たすという面では多いに機能をしています。

また、
本来は風俗ユーザーとなるお客さんもそちらに流れている現状は、
風俗の経営者が、
上記に挙げた二つの業界を理解しながら対抗策を練り続けなければならない課題と言えるでしょう

何度か書きましたが、
どの様な業界でも、
その業界に浸食をしてくる破壊的な技術やアイデアと言うものには、

遅かれ早かれ直面しながら対抗策を出す必要に迫られることになります。

過渡期を迎えた業界というものは、
その内外から新しい思考を基にしながら起きる産業との対峙という宿命を背負わなければならず、避けては通れない道でもあります。。

それは風俗業界も然りで、

世の男性は常にどこかで射精をしないといけませんが、その方法を色々なアイデアで商売にされ続ける

中で、風俗産業は現在、
新しい相手をライバルに戦っている最中であります。

戦っている最中であるからこそ、
風俗業界の側も色々なアイデアを出しながら、
手軽に遊べる激安風俗(手コキ・オナクラ店や激安デリヘル)等といった、
新鮮で新しい形態のお店が急激に増えている現象も起きています。

話を戻せば、

出会い系サイトや出会い系バーの加速度的な普及により、それらが「風俗2.0」として機能している

という認識が、
風俗業界、特に風俗店の経営者には必要なことであると思います。

インターネットが普及し始めた頃から、掲示板等がその役割を果たしていた過去を見るとその兆しはありましたが、
スマホという便利なインターフェイスを持つツールが一気に一般化されたことにより、
急激にに次世代型風俗である「出会い系サイト」「出会い系バー」が大きく動き始めたと言えるでしょう。

ネットの主流が、

  1. PC
  2. ガラケー
  3. スマホ

の順になっただけですが、
どの様な業界における変革も「手軽軸」というものが確立された時に、
何らかの大きな達成や変革というものが起きています。
※スマホは様々な業界のサービスの紹介を手軽に実現出来るツールとして普及、機能しています。

そのスマホの恩恵により、
「出会い系サイトや出会い系バーの情報(実質的に次世代型風俗、または本番風俗)」として機能しているもの(実際のサイトや実際のお店)の情報が手軽に得られる時代になったということで、
「風俗2.0」(←この言葉が最適であるかは置いておいて、ニュアンスはご理解頂けるかと思います。)が一気に弾けている現状があると言えます。

そして、それら(出会い系)の普及により、
風俗ユーザーの本番指向も一気に加速しているのではないでしょうか。

風俗経営者の方は、常に様々な仕掛けを取り入れた経営戦略を打ち出す必要がある時代になっていると言えるでしょう。

また、
風俗情報サイトから、これまで以上に他店のイベントの打ち出し方や動向も常に仕入れておく必要もあるでしょう。

出会い系サイトや出会いカフェは実質的には次世代型の風俗として機能しています。既存の風俗店の経営者は、「風俗2.0」が実際に動き出していることにアンテナを張り巡らせるべきでしょう。

出会い系サイトや出会いカフェは実質的には次世代型の風俗として機能しています。既存の風俗店の経営者は、「風俗2.0」が実際に動き出していることにアンテナを張り巡らせるべきでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。