デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

手マンのテクニック 手マンでイカせる

膣の開発の仕方について、今回は特集してみたいと思います。
デリヘルでのプレイになりますので、
膣の開発については挿入ではなく、
手マンが手段になるのですが、
まず手マンというものの基本的なことを挙げてみたいと

思います。

  • 手マンにより爪が膣壁に当たる場合、女性にとっては苦痛そのものになる
  • 手マンを怖がっている女性もいる
  • 手による激しいピストン運動は気持ちの良い女性と、逆に嫌がる女性がいる

良くAVの前戯にて激しいピストン運動をしている様な手マンのシーンがありますが、
あれはモザイクが掛かっているので、手の振り幅を広くしておかないと、
手マンそのものがモザイクの中に入ってしまうという視聴者への配慮もあります。

実際にAVの様な、激しすぎる手マンをしてしまえば、性感帯自体の数があまり無い膣にとっては、痛みや苦痛を覚えるだけの行為になってしまいます。

手マンに慣れた人、そうでない人に共通して気持ちの良い手マンとは

膣壁に指をより密着させた、優しい愛撫

ということが言えると思います。
クンニと一緒で、

で女の子と一緒にゆっくりと戯れている雰囲気で、じっくりと愛撫をしているということが伝わる様にしてみて下さい。
もしくは、手を入れて動かしていないくらいのかすかな動きで、
膣壁と指をより密着させて、指と膣の粘膜がゆったりとした時間の流れで触れ合っているという自然な愛撫を心がけてみて下さい。

手マン

手マンは優しくゆっくりとしましょう!

手マンをされている女の子が手マンをされていることにより「無意識的
」な気持ちよさを感じることが出来る様になれば、
膣が開発されている女性ということになるみたいです。

AV男優の加藤鷹さんも、大切にしていることみたいなのですが、
女性のアソコを触るときは、
まずは女性に対して「安心感を与える」という意識を持ちながら、
その意識を触る上での前提としているそうです。
精神的な開放をしてもらうことや安心感を得てもらうことで、女性は感じてくれたり、潮を吹いてくれたりもします。

擬音で表現をしたら「ネットリ」ということになるのでしょうか!

フェラを受ける時と同じ感覚で

フェラをされる時に、女の子の濡れている口(粘膜)でネットリとゆっくりと愛撫をされたら気持ちが良いかと思うのですが、
手マンも同様です。
男性の手と女性の濡れている膣(粘膜)のふれあいなので、
よりネットリと、そしてマッタリとリラックスしてもらいながら、
指を優しく、気持ちの良いポイントへ愛撫することが大切なのではないでしょうか!

手マンプレイを長く体験してみたい方は、「濡れやすい」女の子を探して指名をしてみても良いでしょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。