デリヘルデビューへのいきさつは衝動でした

私がバイト先として、水商売ではなくデリヘルに進んだ理由は衝動でした。。汗

夜のお仕事や風俗デビューをする際に、あまり深く考えることよりも、たくさん稼げるところを探す子が多いと思いますが私も当然そうでした。(゚ー゚*ヽ)
今回は私がデリヘルデビューをするに至った経緯をこれまでより少し踏み込んで書いてみます。

タイトルにある通りの記事なのです、なぜ水商売を選ばずにデリヘルに行ったのか理由はというと、
衝動でした・・・汗
デリヘル求人の紹介のサイトを見てて、衝動から目に留まったデリヘルの紹介会社に問い合わせをしました。

そこからは話も早く進み(今から思えばこの業界では当たり前のことですがね)、
その日に面接に近場まで来てくれるという先方様の一言があり、
せっかくなのでお話を聞いてみようか、位の気持だったと思います。

面接の場で色々と私なりの出勤の希望等をお話しさせて頂いたところ、あまり無茶なことは言わなかったこともあってか、
ほぼ全ての面で了承を頂くことができて、
直ぐに体験入店が決まったから、デリヘルの道へ・・・ということになりました。
確か出勤の頻度や時間帯、待機場の希望を伝えたと思います。

なので、水商売も視野に入ってはいたけれど、女性同士の人間関係なども複雑そうだったので、
個人技(?)であるデリヘルを選びました。

結局はエッチが好きだったんでしょ!?と突っ込まれそうなので、
そこにも触れておきますが、もう一度書いておけば実際はそれもあります。
あとは内気な性格であった麻菜は男の人を良く知りませんでした。
なので、知ってみたいということが大きかったかも知れません。
エッチであるというのは人間ですから男女ともお互い様ということで・・・そこは同じかと思います(*^-゚)

また、学生時代にテレビで水商売の人のドキュメンタリー番組を目にしたこともあり、
水商売の方の営業活動の大変さを見たので、
OLをしながら器用に立ち回ったり、時にお客様へマメな連絡もなることがありそうなので、
不器用なワタクシにはその様な能力は備わっておらんぞ・・・との天の声も聞こえたり(?)、お水の道へは行かないことにしました。

そんなことでデリヘル嬢してスタートを切った次第であります。

講習は男性器のバイブを使ったものでした

お店に入ってからは男性器のバイブを使った女の人による講習を受け、結構直ぐデリヘル嬢としてデビューをしてしまいました。

男性従業員による講習をしているお店と、バイブを使ったお店やDVDで講習ビデオを見るお店など様々みたいですが、
私の場合、お店の男性従業員による講習には抵抗があったので、その辺も面接のときに確認をして、バイブを使った講習をしているお店を紹介してもらいました。

これはその面接の時に、男性従業員から直接の講習をされてしまうと、
未知の業界に踏み込むに当たって昼の本職にも肉体的にも精神的にも影響が出てしまうと本能的な判断をして、その様に伝えました。
※是非、プロフィールページもご覧になって頂けたら嬉しいです。

そしてデビューに至るわけですが、デビュー初日は結構鮮明に覚えています。
後に書きますが、最初のお客様については、デビュー戦だったこともあり鮮明に覚えていますね(*^-゚)

当然、出勤をするにつれ、
色々なお客様との時間を過ごすこととなり、
器用な立ち回りが苦手なワタクシには大変なことの連続ではあったのですが、
立ち直りも早いワタクシには向いていたのかもしれません。
3年続けられたので、向いていた(色々と剥いていた?)のでしょう。。(一応ギャグのつもりです 汗)
現在も現役で昼のお仕事をしているのですが、当然全く別の世界であり社会事情の中で働けたことは、
社会を二つの側面から見れたかなとも思い、ワタクシにとっても良い経験として、本職の昼のお仕事の方でもデリヘル嬢として働いていた時に覚えた、
処世術も色々と使えています(*^-゚)v

この辺は大きな収穫であったと思いますね!
大まかに言えば、色々なことがあり過ぎるデイヘル業務では、
即座に冷静になることや、色々な場面で身体を張った臨機応変な対応等を経験出来たので、
多少のことでは本職で何があってもめげずにこなせています。

デリヘルで色々あったこと等は、これから少しずつご紹介させて頂きますので少しでも楽しんで頂けたらと思います(^∇^)
デリヘル稼業は色々なことがたくさんあり過ぎてどこまで書いて良いやら迷ったり多少の恐怖も覚えたりしていますが、男性読者が多数と思われるこのデリヘル情報サイトでは読みごたえも満足してもらえる様、書けることも大胆に書いていきます 笑

風俗で働く女の子のほとんどは、風俗デビュー自体が予期せぬものの子が多いです!

風俗で働く女の子のほとんどは、風俗デビュー自体が予期せぬものの子が多いです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントの入力は終了しました。