デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

女の子が入店するお店を選ぶことに対して不快感を示す風俗店は良くないお店です!

今回は、少し女の子向けの記事でもあります。

女の子が風俗店に入る際にきっかけになるものは、

等が挙げられます。

それらの中のほとんどは、
女の子が一人でスマホやパソコンからお店を探す作業になります。

そして、実際の入店についても、女の子が一人で入るケースが多く、
女の子が一人で色々なお店の待遇をネット上で見て比較をしながら、
実際の面接やメールでのやり取りにて、
求人情報に書かれてあることは、
本当なのかを確認しながら、お店に入店しています。

女の子としては、

お店を色々と比較をすることは、全裸になりながら、やりたくないお仕事をする為、当然のことになります。

女の子がお店を比較する際に確認をしていることを挙げてみると、

  • 給料面
  • 待遇面
  • お店の人との相性
  • どこまでのサービスをするのか(本当にソフトサービスなのか)

等が、
自分の理想に近いのかを、
入店をするかの基準にしながら、女の子はどのお店に入るのかを決める選定をしています。

そして、

お店側がしていることは、一人一人の女の子に選んでもらえる様、様々な工夫をしながら女の子の人数の維持をしています。

お店側は女の子に次々と入ってもらわないと、お店の運営はあっという間に止まってしまうからです。
お店側も面接には、経営者や店長など、対人能力の高い人が担当をして、
面接における取りこぼしの無い様に務めています。
※面接時に女の子に対してミスをしてしまうお店は、直ぐに運営が行き詰まります。

人気があるお店になればなるほど、給料面や待遇面も良くなり、
女の子にとっても働きやすいお店は、

  • 自然と女の子に対する配慮
  • ストレスが無く働ける環境づくり

等にも目を向けているお店が多いのも風俗業界であります。

そして、風俗業界には、
女の子がネットを駆使して複数のお店をまたがって選ぶことに、
不快感を示すお店もあります。

その様なお店とは、今の風俗店はネットとの関わりは切っても切り離せない関係にあることを理解していなかったりもします。

まず、
ITやネットの本質とは物事を効率化することでもあります。

ITとネットを利用しながらお店を運営している風俗店が、
女の子の側もそれらを使って自分が入店するお店を比較していることに対し、
不快感を示すお店は女の子に対する待遇や給与体系などに自信がないお店であるとも言えます。

最後に、
ネットによる効率化を得られる例を挙げてみると、
「価格.com」や「amazon」「楽天」等のサイトも、
欲しい商品の価格や購入するお店のサービスを比較する為に、
探す作業を効率化を提供してくれるのサイト(玄関サイト)として機能しており、
それらのサイトに多くの利用者がおり、支持を受けている現実も、
ネットを利用することの本質の一つに効率化があることを表しているとも言えるでしょう。

ITの本質とは効率を得ること、物事を比べること。女の子がネットを駆使して入るお店を比べることに不快感を示すお店は良いお店とは言えないでしょう!

ITの本質とは効率を得ることや、物事を比べること。女の子がネットを駆使して入るお店を比べることに不快感を示すお店は良いお店とは言えないでしょう!

人気デリヘル嬢の情報もデリヘルの情報サイトから、効率的に集めてみたいものです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。