デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介
×
カテゴリー

風俗嬢に転職支援をしようとするNPOと、それをされては困る風俗店

何度か取り上げたことがありますが、
風俗業界では、変わった子を除いて全ての風俗嬢は、風俗でのお仕事を一時的なものとして捉えています。

簡単に言えば、一時的なしのぎ以外の何物でもないということです。

日本にある幾つかのNPO法人は、そこに目を付けながら風俗嬢の転職支援を行っていますが、

それらが上手く機能していれば、定期的にニュースとしてリリースされない事柄でもあります。

つまり、
転職支援を何度行っても風俗に戻ってきてしまう子が多く
規則正しい生活を前提に、一般社会に馴染むことが難しい多くの女性が風俗で働かざるを得ない現実があります。

この様に書いてしまうと、風俗嬢に転職支援を行っているNPO法人のしていることは徒労に終わっているのでは!?と感じるかもしれませんが、
実際にはそれも現実であります。

風俗嬢自身が自分自身を器用にする努力をしなかったり、規則正しい生活習慣がどうしても身に着かないケースは多く

社会復帰が難しくなっている女性はとても多いと理解した上でNPO法人の人達も活動や、
風俗嬢に対する職業訓練や生活習慣の指導等の機械を提供してみれば良いのでは!?と思います。

が・・・しかし、
それらをしても訓練等を受ける風俗嬢の側の姿勢を育てることが最も難しいことではあるでしょう。

身体を売ることは生きていく上で、最後の手段の一つではありますが、
大規模な法改正が起こらない限りは、男性の性欲を満たす産業への需要は無くなることは無いので、
このテーマは永遠に続くものかと思われます。

永遠に続くテーマになるので、この記事にオチは無いです(゚ー゚;

ただ、
風俗店は一人の女の子をお店に入れて定着をさせることにとても大きな労力を割いているので、
風俗嬢の就職支援をしているNPOに目立って優秀な事業所が出て欲しくないのが風俗店の本音でもあるでしょう。

風俗嬢で居続けようとしている女性はいませんが、転職支援を続けているNPOの労力も徒労になるケースがほとんどでもあるでしょう。

風俗嬢で居続けようとしている女性はいませんが、転職支援を続けているNPOの労力も徒労になるケースがほとんどでもあるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。