デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

多くの風俗嬢が出戻りをしている理由とは!?

風俗嬢は一度風俗のお仕事を卒業しても、出戻りをしてくるケースが多くあります。

風俗で働くと、

等、
風俗で働いている間は得られることが出来る待遇に、身体が慣れ切ってしまうケースがあります。

つまり、

自由な時間に働いて、休みたい時は休むことができる

という風俗業界特有のメリットに慣れすぎてしまい、
現実社会に復帰した際に順応出来ずに、
また風俗の世界に戻ってくる女の子はとても多くいます。

一度社会復帰をしても、夜の世界では普通に利いた融通を欲した時に、再び風俗業界に戻ってくる女の子がとても多い現状です。

それをお店側は把握しており、

風俗の世界とは、融通が大きく利くことを運営側が女の子に覚えさせる

ということをします。
女の子の心理を利用しでも、女の子の維持は風俗店にとっては、
とても重要なことになり、
女の子の数を何としてでも維持する為に必要なことでもあります。

そして、
風俗店というのは基本的に辞めた女のへの出戻りに対しても、
基本的には歓迎をしながら運営をします。

  • 「働きたい時に働いけば良いよ!」
  • 「お金に困った時だけ、復帰しても良いよ!」

等と、女の子に声を掛けておくことは、
多くのお店でやっていることであり、
お店側も、女の子と「持ちつ持たれつの関係」を作っていくに当たって、
大切なことでもあります。

逆に、
出戻りの女の子に対して寛容ではない風俗店は、
珍しい部類に入り、
上手く店舗運営が出来ていないお店であるケースもあります。

この辺りは、一般的な昼の世界との大きな違いと言えるでしょう。

デリヘル情報サイトを見ていると、
辞めたはずの女の子が、意外にも復帰をしていることを発見することも少なからずあるかと思います。

その他、数か月おきに出勤している女の子等にも注目をしてみましょう!
※いわゆるレア出勤の女の子になりますが、
その様な子(普段はOLの人など)も風俗店には珍しくなかったりもします。

出戻りをする風俗嬢が多い原因とは!?

出戻りをする風俗嬢が多い原因とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。