デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

出版不況と風俗業界について

出版不況と言われる時代が長く続いていますが、
インターネットにより

  • あらゆる情報を手に入れることが出来たり
  • 実際のお店よりもはるかに品数が多い状態で買い物が出来たり

と、
それらがパソコンやスマホから簡単な操作で出来る様になりました。
新聞も、ネットビューが出来る時代になっています。
同時に紙媒体が無くなるとも言われて長い期間が経ちますが、

紙媒体も出版不況と言われるものの「終わってしまった」といえる状況にはなっていないですね

ただ、パソコンやスマホが普及する一昔前と大幅に違うのは、

  • 書店の目立つ場所や
  • コンビニの本棚に
  • 駅の売店の本棚

等に、「ノウハウ本」「仕事を効率化させる方法の本」「自己啓発本」がとても多くなったと言えるでしょう。

一昔前であれば、
普通の雑誌やマンガ等が、
本屋さんの目立つ位置に置かれていたのですが、
それが今では書店の性質が変わったのでは!?
と思わせる商品のレイアウトになっていると思います。

これも、簡単な情報収集にも特化したツールであるスマホをだれもが持ち、
操作性も加速度的に上がり、その性能向上も止まらない勢いなので、
アナログである紙媒体の不況等は、
まさに時代の趨勢(すうせい)を受けていると言えるでしょう。

そして、

風俗は景気に影響を受けない業界と言われています。

これも、一昔前にバブル期と呼ばれる時代があったと思うのですが、(私はリアルタイムで経験はしていないのですが、
ネット等からの情報で、人の感覚等に与える影響力の強さも稀な時代であったと思えます。)
その景気絶頂御にいわゆる「バブルがはじけた」と言われた時期でも、

は不況のあおりをそれほど受けなかったと言われています。
冷静に考えたら、それは納得も出来ます。

男性は生理現象として射精が必ず必要なので、

風俗やセックスをする場というのは時の経済状況が変われど一定数、維持される

ということが言えると思います。
性欲は人間の三大欲求の一つ(三大欲求とは諸説ありますが、食欲、睡眠欲、性欲と言われています。)とも言われていますので、風俗業界というのは簡単に、
不況のあおりを受けないと思います。
※再度、性欲は男性の生理現象ですしね。

ちなみに、社会の経済状況を受けにくい業種は

  • 医療業界
  • インフラ(電気、ガス、水道等)
  • スーパー等の食品業界

等、命や生活に関わるものと言われていますね。

話を戻して・・・
これも色々なデータがありますが、
女性の20人に一人が風俗業界を一日体験を含めて経験している、
という統計もあり、
その状況を作り出している大きな要因として、
手軽にスマホから風俗業界の求人を瞬時に得られる状況が反映されている数字になっているものでもあるでしょう。

一昔前であれば、
ある程度綺麗な女性が風俗に入れば年収も4ケタ(1000万円)が珍しくなかったみたいですが、
風俗嬢の年収も今は全く違う状況になっています

また、
風俗情報を見ていると、多くの風俗嬢のを受け入れる為に、
ソフトな風俗(フェラのないマッサージ店や手コキ店)も増えており(ハードなお店もソフトなお店も経営もとは一つであることも多いです)、
女の子が風俗業界へ入ってしまう敷居というものも、
格段に低くなっているのも今の風俗業界が見せている一面であると言えます。

ノウハウ本、自己啓発本、仕事の方法論等の本が、書店の一番目立つ場所に置かれるようになっています。

ノウハウ本、自己啓発本、仕事の方法論等の本が、書店の一番目立つ場所に置かれるようになっています。不況を反映している現象なのでしょうかね!

ちなみに、この手の本はたくさん出回っていますが、
本のタイトルは似たものが多く、
見た目の第一印象(装飾)で売っている本も多いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。