デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

怪しい風俗店を発見! ~第二弾 笑~

以前の記事で、
「店先に紙看板」を出している強烈にインパクトのある風俗店を紹介したのですが、
また発見をしてしまいました。

今時、看板を紙で作るお店なんて、
例外的なお店かと思っていたのですが、
実際には探せばあるものなんですね。
(探してはいないのですが、またまたバッタリと見つけてしまいました。)

今回は、「オッパブ」としっかりと業種が書かれています。

しかし、この様になんとも頼りない・・・(´- `)というか、

紙で料金体系を書かれた看板を信用する人がいるのでしょうかね。

オッパブということですから、
飲み屋ということになり、

  • 女性キャストのドリンク代
  • 時間延長のおねだり

はされることかと思います。

紙看板の風俗店

紙看板の風俗店。この頼りない紙で書かれた料金体系を信じる人がいるのでしょうかね・・・

私も実際にお巡りさんに聞いたこともあるのですが、
夜の街というのは、
一日に数件は料金トラブルにより、警察官の方が出動しており、
様々なトラブルにより出動しない日はほとんどないみたいです。

この手のお店に入っていくことは、まさにトラブルに飛び込む様なことになりかねないので、
お店に入る前に、
お店のホームページで

  • 料金体系の詳細や
  • キャストを確認

出来るお店を選んで遊んだ方が安全かと思います。

ホームページが無いお店には行かないほうが、ボッタクリ被害にも遭わないと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。