デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

女性のほとんどは、外派(クリ派)。中イキをさせるには!?

ほとんどの女性はオナニーをする
という調査が出ていますが、
オナニーをするにあたって、大多数の人がクリトリスへの刺激でイクということをしているみたいです。

それは、

クリトリスには男性の亀頭と比べても、比較にならない程の性感帯が密集している

ということもあります。

よって、
クンニや手マンをする際に、クリトリスを痛みを与えずに上手に攻めることによって、
女性は意識を失ったり、話しかけても反応をしなくなったりもします。

そして、
外イキ派が多いのは、

  • クリトリスには非常に多くの性感帯が特に集まっている為、
  • 膣内には性感帯が少なく、チンコを挿入してもチンコは曲がらないので気持ちの良い場所であるGスポットを刺激できない為、

とも言われています。

また、

  • 女性が自分自身で自分でGスポットを刺激することや、
  • 男性により手マンでGスポットを攻め続けられることも、

どちらも爪による痛みが邪魔して、女性が快感を得るにはなかなか難しいことでもあります。
※ゴールドフィンガーと呼ばれる加藤鷹さんは、かなりの深爪をしているおり、激しい手マンが出来ると言えるでしょう。

女性を中イキ調教させるには、膣内で爪を不快にならない程度にして、チンコでは与えることの出来ない愛撫をすることでしょう。

つまり、

指を曲げてGスポットを刺激する際に、女性に安心感を与えることが出来る指(爪)にするということ

です。

チンコではまず出来ないGスポットへの刺激をするにあたって、女性が痛みの不安をない様にしておくことです。

ちなみに、下にある画像の記事のオチは「膣が締まるグッズ」の紹介でした・・・汗。

しかし、
膣の大きさや締まり具合は、セックスの回数や頻度は、
ほぼ関係がなく、後天的変わるものではないとも言われているので、
膣の締りを何らかの道具や器具によって締まりが良い膣に変えることは難しいと考えるのが自然でしょう。

膣の緩さや形とは、
背の高さや、顔の大きさ、足や腕の太さと同じく、身体の形になるので、遺伝性によるものということです。

少々話が逸れましたが・・・

パートナーに中イキを調教してければ、
まずは自分の利き腕の中指と薬指の爪を、女性の膣内で不快にならない長さにして、手マンの技術を身に付けることが良いでしょう。
※女性としての快感を知り尽くしている人は、手マンが一番気持ち良いという人は多く居ます。

風俗嬢に手マンの練習をさせてもらって、パートナーとの本番に備えてみることもしてみて下さい。

女性は外イキ派の人が多数。中イキをしてもらうには、開発をしないといけないことが多い。

女性は外イキ派の人が多数。中イキをしてもらうには、開発をしないといけないことが多い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。