デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介
×
カテゴリー

風俗依存症の弊害について

風俗は適度な頻度で楽しみながら、
人生のメインの楽しみにしてしまわない様に心掛けたいものですが、
男性は射精が伴ったサービスに対しては、恋に落ちていく様に盲目的に依存症なってしまう人は多く居ます。(とても多く居ます。)

風俗依存症になってしまう男性が負ってしまう弊害について

少し踏み込みながら触れてみたいと思います。
風俗依存症の人は実際に年代を問わずとても多く居ます。

また、
それ専門のカウンセラーも居ない為、治療のきっかけを作れないケースがほとんどです。
※仮にカウンセラーがいても風俗依存の場合、問題が複雑になっていることが多く的確なアドバイスを出来る人もあまり居ないのでは、と思います。

風俗依存の人の特徴(症状)を挙げてみると

  1. 商売上、女性が演出している愛想を本気で受け取る癖が付いてしまう
  2. 独身時代に貯金に回すべきお金まで、全てを風俗につぎ込んでしまう(ギャンブル依存症と同様に、とても多いケースです。)
  3. 若い子に慣れ過ぎてしまい、同年代の女性では勃たなくなる(婚期を失います。)

特に深刻なのが1と2になり、1を経て2の状態になってしまうのですが、
風俗を利用する際に、依存症に陥ることに対して無防備な状態で利用をしている為(当然のことではありますが風俗を利用する際に何かを深く考えることは無いでしょう。)、
風俗を利用することへの感覚の麻痺してしまい、
全ての給料をつぎ込むことが、日常生活の一部になってしまいます。

女性がホストへ依存をしてしまうこととも同様です。
ホストクラブ通いが依存症になっている女性は、ホストクラブ通いの為に働いている状態にもなってしまいます。

実際に、

風俗嬢は必死に稼ぐことだけを考えながら、好きではない仕事をしているので、お客さんを型にハメるのは

意図的であれ、そうでない場合であれ、
依存症のお客さんを生み出してしまうことになっています。

風俗嬢のお仕事とは、如何に自分を上手に演出して
より多くを稼ぐことのみに集中できるか、という商売でもあるので、結果的にお客さんを依存症にしてしまうことは、
風俗嬢としては仕方のないことですが、男性側にも自発的な注意が必要です。

本来、

娯楽の一部であるはずの風俗が、娯楽のメインになってしまうことは誰にでも起きてしまうことでもあります。

そして、
医師やカウンセラーと称する人に相談をした場合も、
ギャンブル依存症やアルコール依存症とは違い、全てを包み隠さずに話すことが出来ないケースがほとんどでもあるでしょう。

等のケースはなかなか話せないことでもあり、
アドバイスをする側も、問題が難解で適切なアドバイスも出来ないと思われます。

風俗依存症とは、
思わぬきっかけで陥ることでもあるので、風俗通いをしている人は、定期的に自分が使っている金額と向き合うことも大切なことになるでしょう。

風俗とは疑似恋愛を提供するサービス。依存症にならない様に、自発的に心掛けたいものです。

風俗とは疑似恋愛を提供するサービス。依存症にならない様に、自発的に心掛けたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。