デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

デリヘル店に来るクレームとは!?

デリヘルは、実質上ネットショップになります。

インターネット上の情報によりお客さんが商品(女の子)を選び、
実際に購入(派遣の依頼)をするかを決めます。

普通の商品をネットショップで購入する際と同じく、お客さんからは様々なクレームが来ます。

まして、デリヘルの場合は一回当たりのサービス単価(商品購入の単価)が高くなってしまうことが多いので、
お客さんの側もクレームを出したくなるのは当然のこととも言えるでしょう。

風俗店へのクレームの種類は普通のネットショップへのクレームや商品交換希望の理由と同じ様なものがほとんど

であったりします。
女の子に関するクレームの例を挙げると、

  1. イメージと違った、写真と違う(顔を削っている、二の腕を削っている)
  2. 体型が違う(明らかに太っている)
  3. プレイが下手もしくはフェラにやる気が無い(フェラが下手、手コキが下手等のクレーム)

等が、多くのクレームになりますが、
これらは、普通のネットショップに寄せられるクレームや「返品」、「商品の交換の際の理由」等とほとんど変わらなかったりします。

順を追って説明をしてみたいと思います。

1,
これは、風俗店がパネマジ(写真加工)をしている為に起こることで、
避けられないクレームとも言えます。
また、
モザイクが薄い店やモザイク無しで写真を出しているお店については、
本人の身元バレも含めて、別人に加工せざるを得ないこともあります。

※但し、
風俗店とお客さんの関係はある意味「化かし合い」の関係でもあります。
お店側は、如何に上手な写真加工をして、お客さんに女の子を呼ばせる工夫をするか、ということを良い写真を見せることで仕掛け、
利用するお客さんは、お店に内緒で本番交渉をしながらプレイを楽しむ、
という「化かし合いの関係」であるのも風俗業界の一面であります。

2,
これもネットショップで洋服や靴を買って、商品が届いて実際に試着をしたら、サイズが違っていたということ(イメージ通りではなかった)ということを経験されたことのある方は多いかと思います。

それと同じことになるのですが、
特にデリヘル店が使用しているパネル写真は、
女の子を顔や身体を細身にする加工をするケースは多いので、
体型にこだわる人は、パネル写真が何枚も公開されてある子で、
その女の子が気に入った場合であっても、

電話受け付けの際にお店に自分の希望する女の子の体型の確認を忘れないようにしましょう!

3,
プレイが下手なことに関するクレームは意外に多く、
これは風俗で働くほとんどの女の子は、
一日でも風俗のお仕事を辞めるつもりで働いている子
になる為(当然と言えば当然でもあります。)、お店がいくら指導をしても一定数の割合でやる気のないプレイをしてくる子もいます。

ネットショップで購入をして失敗をした商品に例えたら、
機能しない商品ということになります。

まとめ!
写真や紹介文が良く出来ていて、
人気デリヘル嬢と思われる女の子を発見したと感じた場合でも、電話受け付けの際に、体型や愛嬌の良さなど、女の子に対するこだわりがある場合は、
遠慮なくその時に聞いておきましょう。

店員さんにしっかりと聞いて、遊ぶ女の子のを決めるということは、
失敗をしない為のデリヘル遊びの基本であるとも言えるでしょう!

失敗しない為のデリヘル嬢選びとは、電話受け付けの際にしっかりと店員さんに聞きたいことを聞いておくという作業を忘れないことです!

失敗しない為のデリヘル嬢選びとは、電話受け付けの際にしっかりと店員さんに聞きたいことを聞いておくという作業を忘れないことです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。