デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

エロいネット用語について

ネット用語(スラング)は生まれては消える、ということを繰り返していますが、使い勝手が良いものはずっと残っていたりもします。

  • メール等を打つ際に「笑う」という意味の「w」や「草(←wwwの様に、wが続いて草に見えるという意味です)」、
  • 批判するという意味の「ディスる」等は、

比較的に残っており、あまり年齢も関係なく使われていると思います。

ネット用語は基本的に、

  1. 何かを略したものや
  2. エロい要素を持つもの

等がありますが、
今回は2について取り上げてみたいと思います。

1については、笑うという意味の「w」もそうですが、「kwsk←詳しく」「ktkr←来たこれ!」「草←wwwの意味です。」
等、省略することを楽しむ会話も成立したりします。

男女の中でこれらが使える様になれば、色々な意味でワンチャン(←下に説明を書いておきます)ある仲になっているとも言えます。

2は、ネット上だからこそ男女共に、
実際にはエロく、性欲が高いことを隠していても、それらをネット上では話せる人は多いかと思います。

  • オフパコ・・・ネット上でオフになっている状態で、実際に会ってセックス(パコパコ)をすること。
  • ワンチャン・・・幅広い使い方が出来ますが、「セックスが出来るワンチャンス」「付き合えるワンチャンス」といった使い方等もされます。

これらの言葉をネット上の色々な場面で見たりすると、
ネット上で男女が繋がり合っている目的とは、実際に会ってエッチをすることなのか」と、思わせられたりもします。

最後に・・・ネット用語に対して、ここまで考えなくても良いことではあるのですがね(ノ▼ο▼)ノ

ネット用語は生まれては消えます。そして、エロいネット用語は、匿名性の強いネット上だからこそ出回りやすくもあります。

ネット用語は生まれては消えます。そして、エロいネット用語は、匿名性の強いネット上だからこそ出回りやすくもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。