×
カテゴリー (42) ※スクロールできます。

地域ごとにある大手の風俗店の厳しい現状について

行きつけの風俗店がある人はそれなりに居るのではないでしょうか!?

風俗店は、
地域ごとにそれなりに利用客のシェアを持っているお店があり、
それぞれの地域に大手のお店があったりしますよね。

その傾向は田舎に行くほど強いかと思います。(ピンサロ、店舗型ヘルス、デリヘル、ソープランド、どの種類のお店でも、その地域ごとに大手があるでしょう。)

では、

地域ごとの大手のお店はこれからも大手でいられるのか!?

ということになると、

これまで以上に難しくなりそうですね。( ゚д゚ )

  • 風俗店の営業活動はネット上がほとんどである為、ネット上の様々なライバル(出会い系サイト、SNSなど(twitterの裏アカウントなど))に負けてしまうことがある。(実際に多くのお店がネット上のそれらのサービスによって(それらが一つの原因となり)閉店してしまっている。)
  • 同じく、ネット上で女の子が個人的に身体を売ることが容易になっている為、働いてもらう女の子を確保することが難しくなっている

といった理由で、

地方を中心に多くのお店が今、女の子の確保が難しくなり、生き残れない現状

があったりします。

簡単ではありましたが、今回のまとめ…

  • 風俗店は実質的にはネットショップである為、
    ライバルはネット上にあるあらゆる有料のサービスにもなっている。
  • 女の子が個人的に身体を売ることが容易になっているこの時代に、女の子を確保する方法をある程度は確立しているお店だけが生き残れる。

といった時代になっている(くる)と言えますね( ゚д゚ )

ネット環境に多くさらされる商売の宿命でもありますね。

風俗店はネット上での営業活動が主な為、様々なライバルに勝ちながら消費活動を引き寄せる必要があるますね。

風俗店はネット上での営業活動が主な為、様々なライバルに勝ちながら消費活動を引き寄せる必要があるますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。