デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

風俗店のパネル写真とは全然違う子が来たとしても・・・

風俗を利用する上でパネル写真に騙されたり、写真を過度に信用して失敗をする経験は、
多くの風俗ユーザーは一度は経験をしているのではないでしょうか!?

「風俗のパネル写真とは別の子が派遣されてきた」場合の、
キャンセル料の扱いについての法律相談が寄せらているみたいですが、
そういったケースはどんな消費活動においても起こることで、
ある程度は仕方が無いのでは・・・
と思います。

以前も取り上げたことがありますが、

風俗のパネル写真は参考写真くらいに考えましょう。

風俗店もパネマジをしてお店の商品(女の子)を売り出す必要がある為、
ある程度の写真加工は最初からある程度、遭遇するものだと認識しながら風俗を利用しましょう!
自分の写真をSNS等のネットに上げる場合も、
男性も「奇跡の一枚」みたいなものを上げて、女性の関心を引こうとすることと同じ様なことです。

その様に考えないと、本来ストレスを発散するための風俗遊びが、ストレスを溜めるものになってしまいます。

また、風俗店も女の子を実際に稼働させる中で、
接客経験を増やしてもらいながら、女の子に、

  • 接客方法や、自分の出し方
  • フェラのテクニック

等を磨いてもらいながら、指名客を増やして美しい女性にしている現実もあります。

お店を運営する以上は、
女の子に上記に挙げた項目の様なことが出来る様になってもらい、風俗嬢としての仕事がこなせる様に育てる必要があるからです。

そして、
実際に多くの風俗店は、その様なことをしながら生き残っています。

この様に書いてしまうと、
風俗店を過剰に擁護している感じになりますが、
お客さんの側も

  • パネルを見て指名をした子が、パネル以上に可愛かった
  • フリー(指名無し)で女の子を呼んだが、サービスがとても良い子が来た

等、意外にも得をするケースも多くあります。

ただし、
精神衛生上、風俗を利用するにあたってあまりストレスを感じたくない人は、

といった感覚で風俗を利用してみましょう。

風俗のサービス料金は当然、射精サービスが込みの料金になるので、
高いものになりますが、風俗嬢のアタリ、ハズレといったことは、
定期的に起こってしまうものであり、
たまに大当たりの女の子に出会える、といった感じで風俗を利用する感覚になってみると、より風俗を楽しめると思います。

デリバリー型の風俗は実質的にネットショップになりますが、
一般のネットショップで商品を買った際も、
写真とイメージが違うことは多くあると思います。

風俗も例外ではないということでもあります(例外が多い業種ではありますがね(・・;))

風俗店のパネルとは別人が来ても、それはある程度は仕方が無いこと。サービスを受ける前に、しっかりと店員さんにどういった女の子かを聞く必要もあるでしょう。

風俗店のパネルとは別人が来ても、それはある程度は仕方が無いこと。サービスを受ける前に、しっかりと店員さんにどういった女の子かを聞く必要もあるでしょう。

ちなみに、
この記事(上記画像の記事)における弁護士の方の答えは、

  1. 替え玉派遣がされた場合は、キャンセル料を支払う義務はなく
  2. 写真加工は重過失であれば、問題になる

とのことでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする