デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介

2017年8月の人気記事特集~今月のまとめ~

今月は性的な開放に関するギャップをテーマにした記事の観覧数が多い月でした。

また、
お盆期間中に変わった記事を書いたのですが、
それらも多くの方に観覧を頂くことが出来ました。

では、今月に多くの観覧数があった記事の紹介をしていきます。

  1. 難関大学の女子大生がデリヘルや風俗で働くケース
  2. 女性はセックスにハマる時期があることを紹介した記事
  3. セックスは色々な失敗が付いてくることを紹介した記事
  4. AIが風俗業界に及ぼす影響
  5. 風俗2.0とは

これらの記事の観覧数が多くありました。


女性は性的に弾けてしまう時期がある

健康であれば性欲が無い人は居ませんが、
それを上手く表に出すことが出来ない人も多く居ます。

特に勉強漬けになりながら、難関大学に入学した女子大生にも同様のことが言えます。

風俗マニアにはそのギャップが貯まらないかと思います。

難関大学の女子大生は、勉強漬けになっていた分、性的に弾けてしまう子もいます。

難関大学の女子大生は、勉強漬けになっていた分、性的に弾けてしまう子もいます。


男性がエッチやオナニーにハマる時期があるのと同様に、女性もセックスにハマる時期がある。

男性同様に、女性もエッチにハマる時期があります。

男性同様に、女性もエッチにハマる時期があります。


セックスは激しいスポーツの面もあると思います。失敗するものと考えましょう!

セックスはスポーツ同様に、上手くいかないことがあるものです。

セックスも身体を動かす以上、スポーツと同様に上手くいかないことがあるものです。


AIは情報をまとめてくれるもの。人それぞれが苦手とするエロの技術の参考になるものを集めることも可能です。

AIは個人個人が希望するエロい情報の収集も楽にしてくれることでしょう。

AIは個人個人が希望するエロい情報の収集も楽にしてくれることでしょう。


次世代型の風俗として、実質的に動いているものとは!?

出会い系サイトは、風俗業界を脅かす「風俗2.0」として実際に動いています。

出会い系サイトは、風俗業界を脅かす「風俗2.0」として実際に動いています。


以上が今月の観覧数が多かった記事になります。

意外なテーマを取り上げた月でしたが、
社会的なテーマもエロとは結びついている、と少し感じさせられました(‘-‘*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする