デリヘル嬢が工夫をしている、お客さんをイカせる時の体勢について

デリヘルでは基本的にフェラでお客様をイカせることになりますが、
多くの場合はベッドの上でお客様が股を開いて、
女の子はその股の間に入りフェラチオサービスをすること担っていると思います。

お客様的には股を開いている間に女の子に来てもらうために、肉体的にも視覚的にも興奮をしていると思うのですが、
お店の女の子達と話をしていると、
この体勢ではどんなにフェラが上手い人でもイケない方もいるみたいです。

男性の方は意外に多くの方が同感されるかもしれないのですが、イク時というのは足の伸ばし方が重要になってくるお客様が多いです。
どれだけフェラが気持ちよくてもイク瞬間は足を伸ばさないと、思いっきり射精が出来ない人もいたりします。

イケたとしても「会心の一撃」ならぬ「会心の射精」にならない人も多いみたいです。

その様なお客様へは、横に回って、横からのフェラをして、イク際には思いっきり足を伸ばしてもらっています。
しかし、フェラを進めて行く過程では、お客さんの股の間に入り込んでフェラをするということは大切な要素だと思います。
視覚的な興奮はエッチ全体の気持ち良さを倍増させるものだと思いますしね!

余談になってしまいますが、
男性は基本的に、気になる女の子を征服したいという願望があると思います。
それは肉体的にも精神的にもそうだと思うのですが、そのどちらも満たしてしまうのが、体勢の工夫をすることが大きな効果を生むと思うのですが、
男性の股に入り込む(位置する)ということは大切かと思います。

この工程を大切にして、実際にイキそうになれば、横に回ればより気持の良い射精へと導くことが出来ると思っています。

実は女の子も行く瞬間は同じ体勢が好きだったりします

女の子もオナニーをする子が多いと思いますが、行く瞬間は足をピン!と伸ばすとイキやすかったり、
快感も大きくなったりしています。

実際にプライベートのセックスでもイカせられる瞬間に足を伸ばしている女の子も多いと思います。

少し話が逸れましたが、イク瞬間の足の伸ばし方は男女とも共通している部分も多いと思いのではないでしょうか(o゚▽゚)

お客様の横に回った時に注意をしておきたいこと

相手の股にいる時のフェラよりも、横に回ったときのフェラはイカせる瞬間のフェラになりますので、
視覚効果がおろそかになったりしてしまうこともあるかもしれませんが、最後の瞬間に視覚効果が落ちるというのは、
それまでの努力が報われなくなってしまうこともあります。

私が横に回った時に注意をしていることは、
「お客さんがいる側の髪をかき上げて首に回す」
ということです。

たったこれだけのことですが、フェラをしている姿が見えなくなると、フェラの効果も半減してしまうと思います。

特にデリヘルプレイに慣れていない素人系の女子大生などから、サービスを受ける場合は、髪をかき上げてもらう様にリクエストをしてみましょう!

デリヘル嬢側は、
征服欲を持っている男性にはより視覚効果への配慮もしておきたいものです(゚ー゚*ヽ)

エッチの時には相手が一番気持ちよいと思ってもらえる体勢を見せることも大切かと思います。

エッチの時には相手が一番気持ちよいと思ってもらえる体勢を見せることも大切かと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントの入力は終了しました。