キャバクラ、スナック、ラウンジ、クラブ、ガールズバーなど、水商売のお店に通うなら、断然風俗のデートコースです( ゚Д゚)~ガチです‼笑~

私自身が水商売の経験もあるのと、友達にもホステスの子がいるので、
少しばかり水商売について触れてみます(*ノωノ)

ここに来られている方も、水商売のお店に通っている方も少なからずいるのではないでしょうか!?($・・)/~~~

夜の街の水商売のお店とは「キャバクラ、スナック、ラウンジ、クラブ、ガールズバー」などがありますが、

それらのお店に通われている目的って・・・( ゚Д゚)

やはり・・・

  • ホステスさんとのエッチを期待しているか、セフレになるのを期待しているか、もしくは・・・
  • ホステスさんと結婚をしようとしているか、

だと思います”(-“”-)”

ハッキリ言えばお酒を飲むことは二の次ですよね( ゚Д゚)

けれどホステスさん達のお仕事は、

  • お酒をたくさん飲ませて、
  • 何度も通わせて、エッチへの期待を引っ張りながら、夢を見させる

といったことです。

全く逆の方向を向きながら、期待だけは高めておくことがお仕事でもあります”(-“”-)”

なんせ水商売の基本は、お客さんを「つなぎ留めて、何度も通わせて、エッチにつながらないお酒を飲ませ続けて・・・」ナンボですから 汗( ゚Д゚)

ホステスさんはお客さんのことを好きなそぶりを見せながら何度も通わせますが、

それは届かぬ想いにしておかないと、自分たちの給料や(高い)歩合が維持出来ませんからね”(-“”-)”

しかし・・・汗

通っている男性客は、

水商売のホステスの子たちは、愛想をサービスするのが仕事だけど、自分にだけは違うのでは!?

と幻想を抱いてしまいます。

ここが水商売にハマってしまう人の一番マズいところだとも思います”(-“”-)”

その様に思わせたら、女の子がお客さんのことを固定客として育て上げられている状態でもあります( ;∀;)( ;∀;)

しかしですね・・・(;´∀`)

「自分にだけは愛想ではない」と複数のお客さんに思わせています($・・)/~~~

それが仕事ですからね(*ノωノ)

だからこそなんですが、風俗のデートコースで遊ぶことが確実です(*ノωノ)

  • お酒を飲んだ後に、必ずエッチが付いてくる(セックスではなくディープキスやフェラや混浴になりますが(*ノωノ))
  • キャバクラなどで長時間飲みながら好きなホステスと飲むよりも安く済ませられるので、遊ぶ頻度も増やすことが出来る

といったメリットだけがあります($・・)/~~~

え!? そうは言っても風俗嬢とキャバ嬢じゃ違うし( `ー´)ノ

と思われる方もいるかもしれませんが、

ビックリするくらいホステスの人は風俗嬢と掛け持ちをしています (*ノωノ)

実は売れっ子でお金に困っていないのでは!?と思わせられる子も、普通に掛け持ちをしています( ゚Д゚)

水商売に籍を置いている時点で、お金に困ってない子はほぼいないです( ;∀;)( ;∀;)

だからこそ、ホステスさんは風俗に簡単に流れてくるのだと思います”(-“”-)”

あとは・・・ホステスの子のほとんどが彼氏持ちであることも、水商売のお店に通っている方は知らないことかもしれません(*ノωノ)

自分自身を異性に売り込むのが上手だからこそ、ホステスとして働き続けることが出来る訳であって・・・

ホステスの子は彼氏を作ることくらいは、難なくしてしまいます”(-“”-)”

ここまで長く書いてしまうと、『風俗を利用してね(*ノωノ)』

と言っているみたいですが、そこの部分は特に否定をしなくても、水商売のお店にガチではまり続けるのはやめた方が良いと思います( ;∀;)

当然かもしれませんが、

ホステスの特に売れっ子の女の子達は風俗嬢とは比べ物にならないくらい口が上手く、男性に夢を見させるトークスキルがありますから(*ノωノ)( ;∀;)

何年間も通わせて2000万円くらい遊ばせて、「キス無し、エッチ無し、同伴は近くのお店だけ」といったことは、

とても多くの水商売のお店では普通にありますしね($・・)/~~~

  • 女の子と話をしたい、
  • その後にエッチをしたい

となれば、水商売のお店に通うお金で、
風俗のデートコースを定期的に利用した方が、満足度は全く別次元になるはずです($・・)/~~~

キャバクラやラウンジのホステスの子を好きになり、通うなら・・・風俗のデートコースの方が確実に遊べます($・・)/~~~

キャバクラやラウンジのホステスの子を好きになり、通うなら・・・風俗のデートコースの方が確実にエッチまで持ち込めるので、十分に遊べます($・・)/~~~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする