デリヘル嬢が辞めたら、お店にお問い合わせの電話がたくさん来ます!

デリヘルを卒業した子への問い合わせ電話は常に来ています!

デリヘルでそれなりに出勤をしていると、
お店の店員さんや店長から他の女の子のことが話に出たり、
またお店のスタッフの電話対応などもよく耳に入っておりました。

お客さんとスタッフの方の電話のやり取りで定期的に聞くのは、辞めた子に対するお問い合わせでした。
お店の電話担当者は、

  • そうなんです。○○子ちゃんは●●月いっぱいでで辞めてしまったんです。
  • こればかりはお店ではどうにもならないんです・・・
  • また復帰してくれることを祈るしか、こちらとしても出来なんです。。
  • お伝えできる情報これしかないんです。

等と、
結構な時間を割いてお客様に説明をしていました。

お客様は相当なショックを受けている人も多く、とにかく何でも良いので辞めた女の子の情報を聞き出したい感じでした。

この様に電話担当者がこの手の対応をしていることを何度も聞いているのですが、
デリヘルの女の子というのは、辞める時は急に辞めます。
私達もアレッ!?
長く勤めていた○○ちゃん見なくなったな、と思っていたお店のHPから消えていたり、といったケースは数え切れないほどありました。

また、逆のケースも良くあり、突然復帰していることも何度か目にしました。
その時は、その子を本指名していたお客さん達からはたくさん指名が入って、
いわゆる「お祭り状態」にもなっていました。

そして、私自身も指名を受けてサービスに向かったお客様から、
辞めた子のことを聞かれたケースも何度もあります。
お客様いわく、
「年齢や写真の雰囲気も近そうだったから、○○ちゃんとお友達なのかと思って、○○ちゃんのことも聞きたくて、麻菜ちゃんのことを呼んでみた」
といったケースが何度か。
しかし、その様な時は辞めた子の情報をご提供するといったことについては、
いつもあまりお役にも立てずにといった感じでしたね。

正直、デリヘル嬢同士のつながりというのは、例え同じお店で働いていてもつながりがほとんど無いです。
仲良くしている子達も居ましたが、それは二人以上で一緒に入店しているケースがほとんどだと思います。

お店で知り合った子とプライベートまで、というケースは極めてまれな気がします。
私はデリヘルの紹介会社に所属しており、色々な大型グループ店で働いているのですが、
待機場もかなり大きいお店もあり、

出勤の度にたくさんの女の子を目にしていましたが、
待機場はパーテーションで仕切られているので、他の女の子との接点はほぼ無かったです。
話が出来る様になった子は何人か居ましたが、

デリヘル嬢同士でプライベートまでは一緒に過ごす仲になることはとても稀です。

なので、基本的に他の女の子のことを知っている子は、
同じお店でもまず居ないと思って頂けたらと思います。

お店ごとの文化もあるのでしょうが、
デリヘル店で友達を作ろうという同期で入店する子はまず居ませんね(当然と言えば、当然になると思いますが)

なので、本当にお気に入りの子が出来た人は、
ご自身の予算内でお気に入りのデリヘル嬢を呼ぶ計画を立てて何度も思い出を作っておくことをお勧めします
お気に入りの子が急に辞めた時の心のケアに戸惑っている人や、憔悴しきっている人から何人か指名を受けたことがある麻菜からの、ささやかならがらのアドバイスとしてお聞き頂けたら幸いです。

せっかくここまでお話をしたので、もう少しお話をしておけば、
同じお店の女の子と唯一というか、一番接点があったのは送迎の車の中でしたね。

ホテルから待機場などへ移動をする際に、他の女の子と同乗する時でした。
しかし、同乗するだけで特に話はしません。
しても「お疲れ様です」の挨拶程度の会話で終わります。
みんなスマホをいじっているか、たまにドライバーの方と話しているかといった感じでした。

最後に一言だけ・・・
お気に入りの子を直ぐに呼ぶ様に、煽っているわけでは決してありませんのでね。(念のため(≧∇≦))

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする