デリヘル嬢のフェラには特徴や工夫が必要かと、思います

デリヘル嬢はプロの技を一つでも身に付けておきたいと思ったりします。

デリヘルで仕事をしている以上、サービスの軸になる行為はフェラなのですが、
お客様が普段、彼女や奥様から受けているフェラと同じ気持ち良さだったり、
同じ雰囲気だったり、工夫が無かったりしたら次に呼んでもらえないのでは、
なんて考えたりもします。

しかし、全くの標準的なフェラチオサービスを好む人の場合は除きますが・・・

私もデリヘルに出勤をして稼ぐということを続けたい以上、出来るだけ常連さんを増やしてリピーターになってもらう工夫を色々なところでしているのですが、
お客様にとって一番の目的であるフェラのサービスについても工夫を施しながら行っています。

デリヘル嬢として初回対応はとても重要

初回の対応はサービス業であればどの業種でも特に必要になると思いますが、
デリヘル嬢もそれは同じで、
目的はワタクシ自身のことを覚えておいてもらうためです。
覚えておいてもらえたら、何かの拍子でリピーターになってくれるケースも多いと思っています。

その様なお客様からは、再度呼ばれた時に、「あの時のフェラが忘れられなかった」等、
再び呼んで頂いた理由を話してもらえることも多かったりします。

そこで、ワタクシ麻菜がフェラをする時に工夫をしていることを書いてみます。
女性の読者の方にも参考にして欲しいのですが、
お気に入りのデリヘル嬢とプレイがマンネリになっている男性も、
そのデリヘル嬢にリクエストをしてもらっても面白いと思います。

  • オチンチンを加える前の焦らす時間に、手コキをして言葉攻めをする。
  • 手コキをしている際に、温かい息をオチンチンに吐き続ける
  • オチンチンの先っぽ部分を、ほっぺたに当ててスリスリする
  • 尿道口を指の先で強弱をつけながらツンツンして、言葉攻めをする。
  • オチンチンを唾でダラダラにしながら、手コキ&ナデナデする
  • マッサージを含めた手コキをする

と、この様な感じのことをしています。
中には、普通のエッチでもこの様なことをしている人もいるかもしれませんが、
ワタクシの場合は、オチンチンに対して、
唾を多くかけることでいやらしさを演出しています。

それらの工程を経て、ディープなフェラに移行するのですが、
当然、ギンギンになってすでにイキそうになっているオチンチンなので、
フェラを始めると、意外に直ぐにイッたりします。

お客様に覚えてもらう為、次の指名を取る為の念押し!

お客様がフェラによってイッた後は、グッタリされる方が多いのですが、
そこで終わってしまえば、覚えてもらえないこともあると私は考えていますので、
どうしても覚えてもらうために、
もう一回イッてもらう様に、時間を置いて愛撫をしています。

二回目はフェラでは無くても良いと思っています。
逆に、一回目にフェラでイっていることもあり、
二回目はより高速にオチンチンを刺激出来る手コキなどでイッてもらう方が、お客様としても覚えてもらえるのではと思っています。
デリヘル嬢としては指名をたくさん取って、たくさん稼いでこそやる気も継続されます!

ワタクシも二回目にイッてもらう際は、手コキでイってもらうことが多いです。

イッた後に再び勃たせることは少し難しいのですが、
それも工夫さえすれば、二回目の勃起をしてもらうことも意外に直ぐ成功したりします。

その辺は、次回書いてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする