女の子から見たデリヘル業界の考察

現役デリヘル嬢が見た風俗・デリヘル業界

デリヘルのお仕事をそれなりに長くやっていると、業界についても多少詳しくなったっり、

  • こうなって欲しいな、
  • 昔はそうだったのか、
  • 今後はどうなっていくのかな

といったことも考えたりすることもあります。
こうなって欲しいな、といったことは女の子側の一つの意見なので、
その通りになることはまずないんですがね。

まず、麻菜自身がデリヘルの世界に身を投じたのは大学時代なのですが、
スマホ全盛の時代が始まっている時なので、
それ以前のことはあまり分からないのですがね。

これまでも携帯(いわゆるガラケー)で風俗の求人は見られたみたいなのですが、
スマホほどの操作性ではないガラケーでは、
色々な風俗店舗のオフィシャルサイトを割と大きな画面で数多く見比べることも困難で、
女の子にとっても風俗で働くということに、
最初の第一段階で躊躇をしていた方も多いのではないかと思っております。

見えないものに対しては怖いですもんね。
風俗で働かざるを得ない状況にあるが、いざ風俗業界に足を踏み入れるとなると、恐怖はとても感じてしまいますし。

私が大学の頃は授業中に、私も含め皆スマホをこっそり見ることは珍しくなかったです。
特に男子は学食などでも、女の子が居ても聞こえるくらいの声で、下ネタや風俗の話をしている人たちもいる位ででしたね(/・・)(/・・)

ワタクシはどちらかと言えば奥手な性格で社交的でもなかったので、
サークルにも入らずどちらかといえばインドア派ではあったのですが、
体を伸ばすことは大好きで、
メンタル管理やストレス解消の目的も含めて、体を動かすことを意識して柔軟体操だけは続けていました。

前段はこのくらいにして、本題に入ります。

スマホで風俗求人を見てしまう

スマホで何でも欲しい情報が大きな画面で見ることが出来るという状況が、
ワタクシ麻菜にも寝た子を起こすといった感じで、
風俗業界に入るきっかけにもなったのですが、
同じお店で働く女の子と話をしてみても、全く同じケースの子がとても多いです。

スマホで「高収入求人」などのキーワードで検索結果のページを見ている内に、風俗店のオフィシャルサイトにたどり着いたり、
興味本位から「風俗 求人」などのキーワード検索をすることもありました。

私の場合はネットで求人を見て風俗業界に足を踏み入れてしまったのですが、他のキャストの方と話していても、

  • 同じケースであったり
  • 友達の紹介

で入ってくる子などが多かったと思います。
一昔前は紹介や違法なスカウトで入ってくる子も多く、
今みたいに、業界の情報などが手元にあるスマホといったツールで簡単に手に入るなんて考えられなかったとのことでした。
違法なことをするくらいなら、経営者さん達もサイトにお金をかけた方が良いと思う時代に徐々に変わってきているのだと思うのですがね。
そして、
一昔前の携帯もあまり普及していない時代であれば、
風俗の給料などの情報を手に入れようと思ったら、夜の街角などに置かれてある派手な表紙の求人誌を勇気を持って持ち帰るか、
コンビに等で今では減ってきている男性向けの風俗雑誌を買って帰るしかなかったとのことです。

スマホの普及は風俗業界に足を踏み入れる子達を確実に増やしていると麻菜自身も思っています。

普通の学生や会社員がデリヘルで働く時代

私の様に大学や専門学校に行きながらデリヘルで働く学生の子もとても多く、
普通のアルバイト感覚でデリヘルや風俗嬢になっている子の割合はスマホの普及が大きな影響を与えてしまった面もあると思います。

そして、私と同様に性的には凄く興味があるけれど、
リアルな世界では派手に遊んだり、
その様な情報をネット以外の実社会で仕入れる勇気が無い子達も、
スマホという魔法のツールで瞬時に欲しいエッチな情報を手に入れている子も多いかと思います。

男性ならなおさらだと思います。

ちなみに、麻菜も男性側が見るデリヘルのサイトはたまに見ているのですが、
あれだけの誘惑が手元の端末で見れるということは、
給料日や給料日明けの週末にデリヘルが混雑するのも納得できます。

たまにはワタクシ麻菜も女性向けの風俗を利用して癒されてみたいです(゚ー゚*ヽ)
風俗の情報サイトは男性向けのものばかりですが、女性向けのものも出てくれば、
誘惑に負けて利用してしまうと思います。

これって女の人なら一度は考えたことがあることだと思うのですが、
他の女の子はどう思っているのでしょうかね・・・笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする