風俗の裏側~顧客管理システムについて~

デリヘル嬢が見た、風俗の裏側を紹介してみたいと思います。

風俗店でお店の人と仲良くなれば、
女の子の待機室から、職員さんの事務室に遊びに行ったりすることも珍しくなかったりもします。

実際に風俗の店員さんは、女の子を逃がさない様にすることも、大切な仕事(これがもっとも大切な仕事かもしれません)でありますから、
女の子が職員さんの事務所に入っても基本的には、
注意をされることはないかと思います。

もちろん、お店の売り上げなどの数字は見せてもらえませんがね。

今の風俗には電話対応をする上でかなりの力になってくれる顧客データのシステムがあります。

顧客を電話番号とIDで振り分けて、
顧客ごとの、

  • 名前
  • 住所
  • 属性
  • 趣向
  • 利用履歴
  • スタッフコメント

等、上記に上げてもの以外にもたくさんの情報を入れることの出来る管理システムがあり、
それを元にミスのない電話対応を行っています。

CTIシステムと言うのですが、今の無店舗型の風俗である程度の規模のお店であれば、間違いなく導入されているものになります。

逆に、このシステムがあれば、
新人の店員さんでも電話対応が出来てしまうのでは!?というくらいのものですし、
このCTIがなければ、顧客満足度の高い電話対応は難しいと思います。
それだけ多くの情報量が、
電話が掛ってきた瞬間にパソコン画面に表示されます。
(CTIシステムは電話とパソコンを連動させて動いているんです。
詳しくは下の画像を参照下さいね!)

つまりは、

風俗店というのは最先端を行く企業の電話対応のシステムと同等になっている。

ということが言えると思います。
お客様が電話を掛けた瞬間に、お店は利用履歴のあるお客さんの情報をほぼ全て瞬時に把握できる環境にあるということなのです!

今の風俗店というのは、システム面では最先端企業でないと、成り立たなかったりもするのです。

風俗顧客管理システムCTI

風俗では電話が掛ってきた瞬間にCTIシステムにて顧客情報がパソコン画面に表示されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントの入力は終了しました。