近日中に彼女さんと初体験をされる、というお客様からとのプレイ

彼女さんと初体験を控えたお客様から、手ほどきプレイのリクエスト

デリヘルでお仕事をしていると様々なプレイのリクエストを受けるのですが、定期的に受けるリクエストとして、
「初体験の前に女の人の身体を知っておきたい」というものです。

今回ご紹介させて頂くのは、
20代前半のお客様で、
「童貞なのですが、今度彼女と初体験をするので、緊張をしない様に色々と教えておいてもらえますか!?」
と言うものでした(/・・)(/・・)

その彼は彼女さんに対して男らしく振舞っているらしく、
彼女さんの方は、彼氏が女性の身体を全く知らないとは思っていないらしく、彼女さんが抱いている幻想を崩したくないとのことで私を呼んでくれました。

そして、
「彼女はおそらく処女ではないので、僕だけあたふたしているとみっともないので、デリヘルでそれなりのテクニックや上手なエッチの運び方を教えてもらおうかと思って呼ばせて頂きました」

・・・とのことでした(゚_゚i)

まずは、デリヘルは本番は無しよ~!とその部分のお断りは入れて起きました(・∀・)

しかし、
ワタクシはプレイの範囲内で出来ることは基本的に何でもこ~い!なのですが、
さすがに教えて下さい!的なことで、しかもエッチの挿入の仕方となるとデリヘルサービスの範囲外になるので、
どうしようかな・・・と思いつつ、その時にピンと来た方法でワタクシなりにご指導をさせて頂きました(゚ー゚*ヽ)

「どういったことが不安なんですか!?」
といった感じで、まずはお相手さんに何を求めているのかを確かめたと思います。

「キスと胸を触るところまではしたのですが、それ以上は初めてになるので、教えておいてもらえますでしょうか!?」
と、
こんな感じのかなりの丁寧語で話しかけて下さりました。

そして童貞の彼への実技講習へ

まずは、手マンのやり方からご説明をさせて頂いたのですが\( ̄▽ ̄)、手マンに関してはAVを良く見ておられた方なのか、
ネットでよく調べておられているのか不明だったのですが、
クリちゃんを優しく触ったり、
指でそっと膣を愛撫してくれていたので、
そんな感じでやれば大丈夫とお伝えをしましたね(o=゜▽゜)

別の記事でも書く予定ですが、クンニは基本的にクリトリスを中心に、あくまでもソフトタッチで舌を滑らせるということが基本だと思ってもらってよいかと思います。

そして、問題は挿入方法です。
そこで麻菜が思いついたのは、私、麻菜が手を丸く握った状態で、それを仮想膣にして「ココを突く」「挿入のスピードはこの位の速さにしたり、時には緩めたり」「こうやって思い切って奥まで入れる」等、
お客様のオ○ンチンを麻菜の手を仮想の膣にして、色々とご指導をさせて頂きました。

「じゃ今説明したことを、今度は麻菜の口でしてみましょうか!?」
とワタクシはお客様に提案して、
今度はワタクシのお口を仮想の膣にして挿入の練習を始めました。

そのお客様は私の頭を持ってピストン運動を始められて、
色々な角度を突いて来られたり、奥までオ○ンチンを入れられたりしていたので、
「そんな感じでOKですよ!」等とアドバイスを行っている内に、
刺激が強過ぎたのか、
または、
麻菜のアドバイスのつもりの言葉が言葉攻めになってしまっていたのか、
お客様はかなりの興奮をされてしまい、一分くらいでイッてしまいました。

お客様は「気持ちよかったです!」といった感じでまたご丁寧に嬉しいお言葉を掛けて頂けました。

私自身も初々しいお客さまを見ててとても可愛らしく感じていました(゚ー゚*ヽ)

お客様は無事に初体験を終えられて

後日談になるのですが、そのお客様から忘れた頃にまた指名を頂き、
接客サービスをさせて頂いたのですが、
何とか上手く初体験が出来ました、とのことでワタクシとしても嬉しい限り(o=゜▽゜)

しかし、まさか結果報告で呼んで下さるなんて思っていなかった麻菜としては、
とても嬉しかったので、その時は通常通りのデリヘルのお口によるサービスで彼を仰天させて頂きました(^▽^)

この様に、初体験前に女性の身体を知っておきたいという方も、デリヘルを利用するのは私個人的には全然アリだと思っております。
ただし、挿入は彼女さんにしてくださいね!

他にも様々なリクエストを受けますが、
ココはデリヘル情報サイトなので、
その性質も踏まえながら変わったプレイの数々もこのコーナーでご紹介していきます。

初体験前に指名をしてくれた方、ありがとうございました!ある意味では、私が童貞を奪っちゃいましたね★

初体験前に指名をしてくれた方、ありがとうございました!ある意味では、私が童貞を奪っちゃいましたね★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントの入力は終了しました。