デリヘルプレイのマンネリ化を防ぐ

デリヘルを何度も呼んでいると、デリヘルでの一連のプレイの流れなどに対してマンネリ感を感じてしまうこともあるかと思います。
私も、リピーターのお客様とのプレイをする際には、リピーターさんが飽きないような工夫をする様にしています。

リピータさんはデリヘル嬢にとっても稼ぐ上で、そしてデリヘル嬢として続けていく上でもとても大切な存在です。
マンネリ対策としては、
プレイも含めて意外なこともすることを心掛けているのですが、
今回は実際に私がしていることを取り上げてみようかと思います。

  • 髪型を色々なものにする(巻髪、お上げ、黒髪など・・・)
  • ホテル内でフェラをする場所を変える(お風呂、ソファー、窓際など・・・)
  • オシッコを見てあげる←これはオマケです!

全てに共通していることだと思うのですが、

を変えているということです。

この二つを変えたら、意外なところも見せられると思うので、
リピーターさんとの会話も自然と変わりますので、
お客様の方からもこんなことをしたい、といったリクエストをもらえたりもします。

マンネリ化を防ぐ方法としてとても大切だと思うのが、
お客様からプレイに対して自発的になってもらうということだと思います。
その環境をいかに作れるかが、リピーターとして長く呼んでもらうためのコツなのかと私なりには思っています(o゚▽゚)

もう一点は

お互いの裸を見慣れていても、恥じらいだけは忘れない

ということです。

このことはプライベートでのセフレとの関係でも言えるかと思いますが、
エッチのパートナーに対して、恥じらいを忘れてしまうと、
いやらしいことに対する緊張感やワクワク感を感じることが出来なくなります。
そうなってしまうと自然とその人との関係も終わるのかと、私は思っていますね!

実際に私がやっていることとして、
シャワープレイの時に脱ぐ際に、

  • 事務的にすぐに脱がさない
  • お互いをいくら触りなれていても、服の上から徐々に触るということを忘れない
  • お客さんのパンツを脱がす時には、勃起をした後にゆっくりと脱がせる(すこし焦らしてから脱がす。)

ということを心掛けています。
上記のどの行為をするにしても、会話を忘れたりしないようにもしています。

エッチの根本にある部分だと思うのですが、

  • 緊張感
  • 恥じらい
  • 異性の身体への希少価値

を意識の上で大切にしながら、デリヘルサービスを進めることをしています。

やはり男女問わず、一回一回のプレイのどこかで恥じらいを出しながらエッチなことを進めることが大切かと思います。

一番やってはいけないと思うことは、
いきなりスカートをめくられたり、お尻や胸を触られた時に、恥じらいを出して、
エッチに対する免疫が付いているということを感じさせない対応は、お客様との関係がどれだけ長くても必要かと思います。

やはり「親しき仲にも礼儀あり」でもあるし「親しき仲にも恥じらいあり」かとも思います。
また、恥じらいが無くなる瞬間が、マンネリな関係が始まる瞬間かとも思いますね!

今回は少し堅苦しかったでしょうか・・・けれど、私なりにエッチの本質ということにも触れられたかと思いますし、
恥ずかしいからこそエッチな体験が出来るとも思いますね(゚ー゚*ヽ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする