デリヘル嬢とはどの様な子たちの集まりなのか!

デリヘル嬢の女の子達とはどの様な子たちなのかについて

デリヘルで働く女の子達は、どの様な子達が多いのかと申しますと、
以前の記事でも少し触れた通り、色々な方がおりますし、

  • 色々な事情から仕方なく働いている子、
  • 複雑な事情を持ちながらその状況から逃れるために働いている子

がほとんどになります。
特別な理由がない状態でデリヘルで働いている子はごく稀になります。

ワタクシ麻菜の場合、最初の自己紹介の記事でご紹介させて頂いた通り、
生活費の為の副業でやっています。

私と同じ様に生活費の足しにする為、
生活が苦しく副業としてして体を酷使しながら働いている子も多く、

  • 事務職の方、
  • 看護師さん、
  • ショップ店員さん、
  • ネイリストさん、
  • タレントやミュージシャンを目指している人、

等、様々でした。

それらの方達のお昼の仕事ぶりを考えると、
普段は清楚でスマした顔で黙々と働かれておられる方たちが、
夜になるとデリヘル嬢としてのスイッチを入れて、大胆な顔になると考えたら、
世の男性達にはとても興奮することかと思います。
この辺は女の私でも感じることです!

私も副業ではあったのですが、やはり欲しいものを自由に買いたい欲求や旅行への欲求を満たす目的もあり、
それらの人たちと比べたら気楽に出来ているのだと思います!
なんせ、現役でデリヘル嬢をしながらこの様なブログを書けているくらいですから・・・

大都市は学生のデリヘル嬢が多いのも特徴

またワタクシが働いているお店は主に都市にある大手のグループがほとんどなので(私は紹介会社の派遣デリヘル嬢になります)、
学費を稼いでいる大学生や専門学生もたくさん居ました。
ワタクシも学生時代の卒業が迫った頃からデリヘル嬢を始めたのですが、
私とは違い、
多額の学費を自分で稼いでいる人たちがあまりに多く、
自己管理力の高さに関心させられるばかりでした(≧∇≦)

またまたエラそーなことは言えないのですが、こんなに頑張って自分の学業を成り立たせながら、将来のプランを目標に、
自分で学費を稼いでいる人たちというのは、精神的にも肉体的にもとても強い人なのだと、とても感化させられることも多いです。
その様な子達を見てると、世の男性の方も世の中も捨てたもんじゃないと思うのではないでしょうか!

そしてとても多いのがシングルマザーのお母さん達でした。

いや・・・この方達は一番大変だと思います。
私が派遣される店舗は大きなグループ店が多いので、
お店によってはお子さんを連れてきている人は、男性従業員にご自分のお子さん面倒を見てもらっていましたが、とても懐いて楽しそうに遊んでいましたね(゚ー゚*ヽ)
実はこういったホノボノした光景もデリヘルの待機場では見られるのです!

まさに一服の清涼剤とはこのことかとも思ったりもします。
お母さんが接客から返ってきたら、走ってお母さんの所へ抱きつきに行きます。お母さんの気苦労も見ているだけで大変なのがヒシヒシと伝わってきていましたね。

またとても過酷なのはデリヘルを本業として働いておられる方達です。

本業として働いて居られる方は寮に入っている人が多かったみたいなのですが、
寮というのが本当にスゴイです(゚_゚i)
何がすごいかと言えば、
一度だけ、ホテルからの帰り道でドライバーさんから聞いたのですが「ここのマンション一棟全てがウチのグループ店の寮」と説明をして頂いたのですが、
そのマンションはそこそこの大きさを持つ中型マンションでした。
え!?と思い、少し車を停めてもらって窓越しにマンションを見せさせてもらったのですが、
これがデリヘルのお店が抱えているマンション!?といった驚きばかりでした。
特に新しいマンションではないのですが、古くも無く、
若い女の子が普通に一人暮らしをしているマンションで、居住環境としても良い場所にありました。

もしかしたら、このマンションを見た時が、一番のカルチャーショック(良い意味です!ハイ!)だったかも知れません。

とまぁ、デリヘルとはまさに
様々な理由で色々な人たちが、様々な目的を持ちながら集まっている人の交差点状態といった感じだと思います(/・・)(/・・)

デリヘルに集まっている女の子は実に様々、そのことが一番の衝撃だったかもしれません。

デリヘルに集まっている女の子は実に様々、そのことが一番の衝撃だったかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメントの入力は終了しました。