×
カテゴリー (32) ※スクロールできます。

風俗嬢は楽に接客を出来るお客さん(;’∀’)を引っ張る必要があるのと、お仕事を楽にする手順を確立する必要があるんです(;・∀・)

風俗嬢のお仕事は効率化がとても大事です(;・∀・)

『風俗嬢のお仕事は効率化がとても大事』です(;・∀・)

こんにちは(^_-)-☆

今日も風俗嬢がダークでアンダーグラウンドな世界からお送りします(;’∀’)

今日は風俗嬢のお仕事の本質って

  • 『楽に接客を出来るお客さんを引っ張る』必要があるということと、
  • 『楽に接客をする方法を確立する』必要がある

んですが、それについて書いてみます(;・∀・)

何度か書いてきたことでもありますが、『風俗嬢をしている人はほぼ例外なく…みんな嫌々やっています($・・)/~~~』

風俗ユーザーの男性の皆様なら分かると思いますが、もし自分の写真がネット上で公開され、とても多くの知らなオバさんや生理的に受け付けない人から連続で(◎_◎;)指名を受けて、アソコを舐め続ける状況なんで…想像出来ないと思います( ;∀;)

もちろん…風俗嬢として売れっ子になれば多くのお金が入ってきますが、やっているお仕事の内容が内容だけに、どれだけ稼げていても常に出口戦略はみんな考えているはずです( ;∀;)

皆様も嫌なお仕事をしている時って、転職のことを考えると思いますがそれと一緒です($・・)/~~~

つまり…

風俗嬢をしている時って、多かれ少なかれ嫌々ながらにお仕事をしている状態でもあるんです。( ;∀;)

だからこそ、

  • 『接客を楽に出来るお客さん(一回抜いたら、残り時間は添い寝だけでOKなど(*ノωノ))』に当たれば、『お付き合い出来るかも!?』という期待を持たせながら、引っ張ったりもします。(-_-;)
  • 『早漏のお客さん(風俗嬢からしたら神客なんです( *´艸`))』に当たれば、二回抜いたしたりして『コスパ』面でお得感を感じてもらい、何度も指名してもらう様に仕向けたりもします($・・)/~~~(二度目の抜きはフェラをしながらの濃密な感じではなく、手コキでも満足してくれる人も多いですね(*‘∀‘))
  • 『喋るだけのお客さん(神客を超えています( ゚Д゚))』には、お店の規則で禁じられてはいますが、連絡先を交換したり…

と、『少しでも楽をしながら( ;∀;)お仕事が出来るお客さんをいかに引っ張れるか』ということも常に考えます( ゚Д゚)

こういうお仕事の中に隠れているであろう楽が出来る要素を探すことって、お仕事の基本でもあると思うし(-_-;)、高い給料を得ている人ほど『いかに楽をするか』といったことは常に考えて、探し出せているとも思いますしね($・・)/~~~

やはり…どの様な職種の、どんなお仕事内容であっても、『手抜きが出来る部分を探しながらお仕事が出来なければ』真面目な面が強過ぎて要領もお仕事の手順も悪くなりますしね($・・)/~~~

…強引ではありますが、まとめです(;’∀’)。

上記の項目に当てはまる楽なお客さんに対しては『この子となら付き合えるかも!?』という期待を持たせて、指名させることを続けさせて、何も無かったようにフェードアウトすることは、残酷ではありますが風俗嬢の立ち回りの一つでもあるんです($・・)/~~~

えぇ~~!?と思われる方も居るかもしれませんが、これが夜の世界の人と遊ぶ』ということの現実なんです( ゚Д゚)

夜の世界はどこまで行っても素晴らしいくらいまでに(;’∀’)嘘で塗り固められた虚飾の世界でもあり、それを利用しているお客さんの方も、実際のお仕事や給料のこと等、盛りながら風俗嬢やホステスに格好を付けて話していると思いますしね( *´艸`)

話が飛んでしまいましたが(;’∀’)、やはり風俗嬢のお仕事なんて誰もがクソ真面目には出来ないですしね…(-_-;)(;’∀’)

『楽な接客をいかに増やすか!?( ゚Д゚)』といったことを考えて確立してしまうこともお仕事の一環でもあったりします(;・∀・)

お昼の普通のお仕事でも、そこは同じですよね($・・)/~~~

風俗嬢はいかに楽にお仕事をするか!でもあるんです(;・∀・)

風俗嬢はいかに楽にお仕事をするか!でもあるんです(;・∀・)

あとがき・・・

風俗嬢のお仕事に限らず、

  • 手抜きをせずに、お仕事を単純化すること
  • 楽な作業方法を確立すること

って大事ですもんね(;・∀・)

それが出来る人が余裕を持ちながらお仕事に取り組めて、新しいアイデアや商売の仕組みを産むのかとも思いますね(;・∀・)

ということで、まったねー( *´艸`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする