セックスのテクニックやデリヘル初心者から上級者まで楽しめる風俗の裏技や攻略法

違法行為「スカウト」夜の世界の人間関係(その2)。上の人間の言うことに対しては、絶対に服従をしないといけないのが風俗や夜の業界です!

夜の世界に人間関係について、以前の記事で書いてみたのですが、
実際のスカウト現場(違法行為です)を例に、
夜の世界の現場、
というものをより詳細に書いてみたいと思います。

スカウトを実際に行う人間は、
上からの相当な圧力を受けながら行っています。
※過剰な圧力でもあるので、夜の世界での男性従業員の入れ替わりはとても激しい世界になっています。

まず、

スカウト行為をする人と言えば、オーナーや店長ではなく「スカウター」やボーイ(従業員)

になります。
経営者や店長がスカウト行為をしない理由は、
「自分自身が条例などで捕まることを避ける為」になります。

しかし、夜の世界では、
商品価値のある女の子を入れ続けて辞めさせない様にすることが、最も大切なことになるので、
違法行為であるスカウトを、次から次へと下っ端の従業員(ボーイ)やスカウターにさせます。
※結局はオーナーが監督者責任に問われることもありますが。

そして、スカウトをする人間が、
プロのスカウターではなく、
そのお店の従業員の場合は、

  • オーナーや幹部等、上からの圧力に耐えながら
  • そして、スカウト行為が法的にも引っかかることを認識しながら

その様なことをしていることが多い為、
積極的なスカウト行為をする人間は、まずいません。
スカウトを専門にしているスカウターは別です。
女の子を辞めさせない様に身体の関係を含めた管理が出来るケースが多いからです。

好き好んでスカウターをしている人間以外は、いやいや法律違反をしながら行っている為、直ぐに夜の世界から抜け出していきます。

当然と言えば当然なのですが、
夜の世界は理不尽なことが常に起こる人間関係で成り立っており、
上からの指示に対しては絶対服従、が基本です。
経営者をピラミッドの頂点として、
その下に、

  • 統括、統括補佐…
  • 店長、店長補佐…

・・・等、役職を付けながら、
下の人間を上手く利用して、
違法行為をさせます!

その一例を見てみたいと思います。

ただ、女の子を見ているだけのスカウトの男がいますが、常に上の人間から監視をされています。

ただ、女の子を見ているだけのスカウトの男がいますが、常に上の人間から監視をされています。

ポケットに手を入れながら、うろうろと徘徊をすることは、スカウターの人が良く見せる姿です。

そして、たくさんの女の子を素通りさせている姿も、
上の人間から厳しい目で見られています。↓

このスカウトの人はギャル風の人が近寄って来ても、声を掛けずに見ているだけです。

このスカウトの人はギャル風の人が近寄って来ても、声を掛けずに見ているだけです。

違法行為になるので、積極的にスカウト(犯罪を犯す)人はいません。
その態度に対して怒鳴りつけたりするのが、
夜の世界でもあります。

スカウトの指示役の男は、部下のスカウト活動を見ていることが多いのですが、怖気づいている部下には容赦なく怒るのが夜の世界です!

スカウトの指示役の男は、部下のスカウト活動を見ていることが多いのですが、怖気づいている部下には容赦なく怒るのが夜の世界です!

そこまで、監視をしながら圧力を掛けるのであれば、
自分でスカウトをすれば良いのですが、
法律違反になる為、犯罪行為を部下に押し付けるのが、
これも・・・夜の世界になります。

上の人間の指示を受けた弱気なスカウトの男は、この後動きますが・・・

上の人間の指示を受けた弱気なスカウトの男は、この後動きますが・・・

上の人間から怒られたのか、
次の瞬間、スカウトの男は動きます。

男はスカウトに行くものの、直ぐに諦め女の子から逃げられてしまいます。

男はスカウトに行くものの、直ぐに諦め女の子から逃げられてしまいます。

女の子に逃げられてしまうのは、
普通のことですが、
上司の男は「やる気があるのかお前は!」「根性も積極性が無いわ!」といった言葉を強い口調で投げかけます。

これが夜の世界の人間関係です。
当然、夜の世界の男性従業員は入れ替わりが激しいです。

風俗業界も含めて、夜の世界の下っ端と言われるポジションで働く男性は、
オーナーや幹部や店長など、ごく一部の特権階級の人の為の、
奴隷状態であることが多いです。
※もちろん、人を大事に扱っているお店もあります。念の為ですが・・・(´- `)

どうしても風俗店等、
夜の世界で働かないといけない経済状況になった場合、
風俗情報サイトからお店を一覧し、
電話で問い合わせをした際に、「男からの電話であっても」電話担当者が乱雑な対応をして来ないか!
という点をそのお店に入るかを検討するポイントにしてみると良いと思います!
※最後に、夜の世界にいる男の従業員も、女の子と同様に常に辞めるタイミングを考えています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする