デリヘルを攻略するための裏技や風俗業界の裏側をご紹介
×
カテゴリー

ジャムを付けてのクンニ

バター犬という言葉を聞いたことがある方もおられるかと思いますが、
今回は、
タイトル通りクンニをする際に、ジャムを女の子のアソコに塗るのプレイの紹介になります。

ちなみに訓煮の際にジャムを塗ることと、バターを塗ることの違いは、
ジャムとバターの粘着度にあります。

ではジャムを使ったクンニですが、3つの効果があります。

  1. ジャムのザラザラ感が好きな子がいる
  2. 「美味しい!」と言って、雰囲気が出せる
  3. 色々なジャムを塗って、クンニを繰り返せば、女の子の濡れ具合も激しくなる。

これらが挙げられるのですが、
のザラザラ感は普段のクンニでは絶対に出せないもので、特にイチゴジャムのイチゴの粒が舐めながらクリトリスに当たった時は、
舐めている男も、舐められている女の子もそれが分るので、お互いに気持ち良い瞬間というものを共有出来ます。

また、ジャム自体が粘着力の強いローションにもなるので、アソコが濡れにくい女の子にとっても、
クンニをする上でとても良い道具になったりもします。
そして、男性にとっても女の子のあそこの臭いが気になる人は、ジャムの臭いでそれを感じることが無く思う存分クンニが出来たりもします。
※但し、クンニをする際はプレイ前にシャワーでしっかりと女の子のあそこを洗いましょう。アソコの菌をたくさん飲んでしまうことになります 汗

2、「美味しい!」という台詞なのですが、これはクンニをする上でとても大事だと思います。
女の子はクンニに慣れている子でも、多少は、自分のアソコの臭いが気になるみたいなので、
「美味しい、あ~美味しい、柔らかい」等の言葉攻めをしながらクンニをすることは、女の子に対して、
安心感を与えながら、女の子へは気持ち良くなってもらうことへ集中してもらえる手助けにもなったりします。

「まだまだたっぷりと舐めていい!?」など、男性側から聞くこともとても効果的だと思います。

女の子から何も反応が無い場合もあるかと思いますが、クンニによって気持ちが良すぎて反応が出来なくなっていることもあります。

3、色々なジャムを塗るというのは、ジャムを塗ってクンニをして、再びジャムを塗って、クンニ・・・
といった繰り返しになるのですが、
この繰り返しが多くなるほど、一度ごとに女の子も気持ち的にリセットされて、
何度もクンニをされている気分になるみたいです。

効果的なのは、ジャムを塗る際に、ホテルのベッドに縦長の鏡がある部屋であれば、
女の子の股を開いて、女の子の背後に回り、
ジャムを塗っている姿を鏡に写しながらい、女の子にもそれを見てもらうということです。

女の子の羞恥心をかなり刺激することになるので、ジャムを塗りながらアソコがドンドン濡れていくことも分ると思います。

そこにジャムのザラザラしたクンニが来るので、
女の子は意外にも簡単に快感の絶頂になってしまう場合もあります。

この様に、クンニをする際にジャムを付けることによって、
色々な効果をもたらすことが出来るので、ジャムによるクンニプレイも試してみると面白いでしょう!

ジャムを付けてクンニをする

ジャムを付けてクンニを楽しんでみましょう!

クンニが好きな女の子を指名してプレイをしてみると、より面白いことになると思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。